相棒ヴァーディ家に大集合! プレミア優勝のレスター岡崎は殊勲のチームメートと狂喜乱舞!「チャンピオン」の大合唱も

2位トットナムのドロー劇をテレビで観戦

 レスターは2日(日本時間3日)に行われたチェルシー対トットナムが2-2の引き分けに終わったことで、クラブ創設132年の歴史で初となるトップリーグ優勝が決まった。日本代表FW岡崎慎司らレスターの選手はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの自宅に集結。テレビの前でロンドン・ダービーを観戦し、歓喜の瞬間を分かちあった。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」で報じた。

 チームメートは肩を組み、固唾を呑むようにして試合終了の瞬間を待った。ホイッスルを聞くと揃って歓喜の雄叫びを上げた。「チャンピオン!チャンピオン!」と快挙を称える讃歌の大合唱がヴァーディ邸に響き渡った。

 わずか4年前まで5部相当のアマチュアでプレーしながら、22得点を挙げてチームのエースに君臨したヴァーディら感涙を流す選手の姿もあった。そして、加入1年目の岡崎も喜びを爆発させていた。目に涙を浮かべたDFクリスティアン・フクスと抱き合い、直近の2試合で2トップを組んでいだFWレオナルド・ウジョアと笑顔で記念撮影。日本人史上3人目となるリーグ制覇の美酒に酔いしれた。

 2001ー02シーズンにアーセナルでプレーしていた元日本代表MF稲本潤一(現J2札幌)、12-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたMF香川真司(現ドルトムント)に続く、プレミアリーグのタイトル。過去の経験者は欧州屈指のビッグクラブでの達成だったが、岡崎は昇格2年目で残留が第一目標とされていた昨季14位レスターでの快挙。ブックメーカーが開幕前に優勝に5001倍のオッズを設定した超大穴優勝なだけに、偉大さは際立っている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング