U-24板倉滉、強豪相手に決めた2ゴールの“伏線” 「相手のマークが激しく…」

ボランチで出場し、攻守にわたって貢献をしたDF板倉滉【写真:Getty Images】
ボランチで出場し、攻守にわたって貢献をしたDF板倉滉【写真:Getty Images】

久保からのCKで連続2ゴールを奪った 「建英からいいボール」

 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムで行われたU-24アルゼンチン代表との国際親善試合の第2戦で3-0の快勝を収めた。2試合連続で先発出場したDF板倉滉(フローニンゲン)は、MF久保建英(ヘタフェ)からのコーナーキック(CK)を連続で決めて2ゴール。ボランチを務めた板倉の得点への意識が光った一戦となった。

 板倉の2発が勝利を手繰り寄せた。チームが前半45分にFW林大地(サガン鳥栖)のゴールで先制すると、板倉が決定力の高さを見せた。後半23分、日本は左CKを得ると、久保が左足でアウトスイングのボールを中央に上げ、後ろから走り込んできた板倉が打点の高いヘディングを決めた。さらに同28分にも再び久保の左CKから板倉が豪快なヘディング弾。2戦連続スタメン出場で攻守の軸として期待される2人が、立て続けのゴールを奪った。

「建英からいいボールが入ってきた。相手のマークが激しく自分を掴みたがっていたので、(古賀)太陽にブロックしてもらって、自分のコースを見つけることができた。毎試合、毎回、建英からいいボールが入ってくるのでゴールにつなげられて良かった」

 この日は、MF田中碧(川崎フロンターレ)とボランチで初めてコンビを組んだ。「小学校から知っているし(川崎)ユースでも一緒にやっている」という関係性の田中碧を生かすために、ポジショニングを意識。得点も視野に入れてプレーした。

「碧が基本真ん中に入って、ボールをさばいてくれた。碧自身は(ボールを)持てる選手だしチーム内を回してくれる存在だったので、僕は前目のポジションに立っていた。相手のボランチとDFの間に立とうと思っていた。碧がフリーになるシーンもあったし、相手が嫌がるポジショニングを意識していた」

 徐々に相手へ“ストレス”を与え、フラストレーションを募らせた。0-1で敗れた初戦で相手が見せた“したたかさ”を発揮することで、後半のセットプレー、DF古賀太陽(柏レイソル)との連係もあり、ゴールを決めることができた。板倉の2発はチームとしての成長を意味するものとなった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング