久保建英、高精度2アシストで圧巻のリベンジ 「口だけでなく結果を出せて良かった」

久保建英の2アシストもあり、U-24アルゼンチン代表にリベンジ【写真:Getty Images】
久保建英の2アシストもあり、U-24アルゼンチン代表にリベンジ【写真:Getty Images】

CKから板倉のヘディング弾2発を演出「それぞれが良い持ち味を出せた」

 U-24日本代表MF久保建英は29日、北九州スタジアムで行われたU-24アルゼンチン代表との国際親善試合の第2戦に2試合連続で先発出場し、コーナーキックからDF板倉滉の2ゴールを演出し、3-0の快勝に貢献した。試合直後のインタビューに応じた久保は、「リベンジすると言って、口だけでなく結果を出せて良かった」と勝利を噛み締めた。

 トップ下で先発した久保は、前半から左右に幅広く動きながらチャンスを演出。相手の激しい守備にも動じずにパスを散らし、日本の攻撃にリズムを生んだ。チームが前半45分にFW林大地のゴールで先制すると、久保が後半にキッカーとして魅せる。

 後半23分、日本は左コーナーキックを得ると、久保が左足でアウトスイングのボールを中央に上げ、後ろから走り込んできた板倉が打点の高いヘディングを決めた。さらに同28分にも再び久保の左コーナーキックから板倉が豪快なヘディング弾。2戦連続スタメン出場で攻守の軸として期待される2人が、勝利を決定づける立て続けのゴールを奪った。

 試合直後のインタビューに応じた久保は、「リベンジすると言って、口だけでなく結果を出せて良かった。相手のやり方も分かっているので前日から確認して臨めた」と試合を振り返り、林の先制点を「自分でなくても裏に抜け出すことや、サイドで起点になることなど、それぞれが良い持ち味を出せたと思う」と称えた。

 そしてコーナーキックからの2アシストについては、「1点目は(板倉を)なんとなく狙いましたけど、2点目は空いているスペースに誰か入ってきてくれればと。板倉選手もこれから2点取ることはないと思うので、しっかり喜びを噛み締めてほしい」と冗談まじりに語っている。

 東京五輪本大会までは残り約4カ月。久保は「各々の準備をチームでしっかりしていければいい」と前を向き、今後のさらなる飛躍を誓っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング