2得点の板倉、久保アシスト弾に安堵 「滉君に蹴ってないと言われたけど…」 

コーナーキックから2得点を決め、守備でも貢献したDF板倉滉【写真:Getty Images】
コーナーキックから2得点を決め、守備でも貢献したDF板倉滉【写真:Getty Images】

久保のCKからヘディングで2ゴール、3-0勝利に貢献

 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムでU-24アルゼンチン代表と国際親善試合で対戦。強豪アルゼンチンに3-0と快勝したなか、セットプレーから2得点を奪ったDF板倉滉(フローニンゲン)は試合後、この試合でのパフォーマンスに「ゴールが結果につながってよかった」と振り返っている。

 日本は0-1で敗れた第1戦(26日/東京スタジアム)の先発メンバーから9人を入れ替え、MF三笘薫(川崎フロンターレ)、MF三好康児(アントワープ)らが控えに回った一方、久保や食野らがスタメン出場。4-2-3-1システムでスタートし、2列目にはトップ下に久保、左右にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、食野が配置された。

 前半45分、日本はDF瀬古歩夢からのロングフィードを林が背後に抜け出しながらトラップすると、GKとの1対1で冷静なシュートを決めて先制。さらに後半23分、久保の正確な左コーナーキックから板倉が打点の高いヘディングシュートで合わせ、リードを2点に広げる。その5分後、再び久保の左CKから板倉が頭で追加点を奪い、強豪アルゼンチン相手に3-0とリードを広げ、そのまま勝利を収めた。

 試合後のフラッシュインタビューで板倉は「2点取れることある? って思いました。前の試合に負けていて、五輪で金メダルと言っている中でこのままでは終われない気持ちがあったし、アルゼンチンを倒そうと思って臨んだ。ゴールが結果につながってよかった」と、この試合を総括。得点シーンについては「(久保から)2回目は滉君に蹴ってないと言われたけど、いつもいいボールが来る中、建英のボールを信じて入るだけ。今日はそこでゴールできてよかった」と笑顔で振り返った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド