久保、板倉ラインで2発! U-24代表が強豪アルゼンチンに3-0リード

MF久保建英とDF板倉滉のホットラインで得点を演出【写真:Getty Images】
MF久保建英とDF板倉滉のホットラインで得点を演出【写真:Getty Images】

左コーナーキックから板倉のヘディングシュート2発をお膳立て

 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムでU-24アルゼンチン代表と国際親善試合で対戦。FW林大地(サガン鳥栖)のゴールで1-0と先制して迎えた後半、MF久保建英(ヘタフェ)の2アシストから2点を加えて3-0とリードしている。

 日本は0-1で敗れた第1戦(26日/東京スタジアム)の先発メンバーから9人を入れ替え、MF三笘薫(川崎フロンターレ)、MF三好康児(アントワープ)らが控えに回った一方、久保や食野らがスタメン出場。4-2-3-1システムでスタートし、2列目にはトップ下に久保、左右にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、食野が配置された。

 前半45分、日本はDF瀬古歩夢からのロングフィードを林が背後に抜け出しながらトラップすると、GKとの1対1で冷静なシュートを決めて先制。さらに後半23分、左コーナーキックを獲得すると、久保の正確なキックからDF板倉滉(フローニンゲン)が打点の高いヘディングシュートで合わせ、リードを2点に広げる。

 さらにその5分後、再び久保の左CKから板倉が追加点を奪い、強豪アルゼンチン相手に3-0とリードを広げた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング