韓国の英雄アン・ジョンファン、母国の3失点完敗に落胆 「1対1の勝負で負けては…」

韓国の英雄アン・ジョンファン氏【写真:Getty Images】
韓国の英雄アン・ジョンファン氏【写真:Getty Images】

国際Aマッチ初解説を務めた日韓戦で完敗を目の当たりにし、落胆の色を隠せず

 パウロ・ベント監督率いる韓国代表は25日、国際親善試合で日本代表と対戦し、0-3で完敗を喫した。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で母国をベスト4に導く活躍を見せ、Jリーグでもプレーした元韓国代表FWアン・ジョンファン氏は、「1対1の勝負で負けてはいけない」と課題を指摘した。韓国のスポーツ・芸能総合サイト「スポータルコリア」が報じている。

 10年ぶりに行われた親善試合の日韓戦、韓国はエースのソン・フンミン(トッテナム)が負傷で招集を辞退。20歳のFWイ・ガンイン(バレンシア)をゼロトップ気味に配置し、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)がキャプテンマークを巻いた。

 前半17分、自陣ペナルティーエリアの境界線付近でFW大迫勇也(ブレーメン)にバックヒールで最終ラインの背後へ落とされると、抜け出してきたDF山根視来(川崎フロンターレ)に強烈なシュートを決められ、韓国は先制点を許してしまう。

 さらに同27分には、大迫を起点にMF鎌田大地(フランクフルト)に持ち上がられると、ペナルティーエリア内でキム・ヨングォンがかわされて2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半38分にもセットプレーから失点を喫し、3失点で完敗となった韓国。韓国テレビ局「MBC」で国際Aマッチ初解説を務めた英雄のアン・ジョンファン氏は、「ウインガーが守備に参加するのはいいが、素早く切り替えないといけない」と、MFイ・ドンジュン(蔚山現代)やMFナ・サンホ(FCソウル)ら両翼が守備に重心を置く形になった課題を指摘した。

 また、ゼロトップ気味に最前線に入りながら、シュート0本で前半のみで交代したイ・ガンインについても、「イ・ガンインは高い位置でボールを持たせないと、持ち味が発揮できない。彼にはディフェンスがついていて、1対1の勝負を焦りすぎた」と言及。後半の失点シーンには、「1対1の勝負で負けてはいけない」と落胆の色を見せたという。

 アン・ジョンファン氏にとっても、“後輩”たちがライバル国の日本に完敗を喫したのは、少なからずショッキングだったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング