「日本がレアルのように見えた」 韓国、関係者が代表チームの“無気力ぶり”に嘆き節

韓国代表は0-3で日本代表に完敗【写真:AP】
韓国代表は0-3で日本代表に完敗【写真:AP】

サッカー協会会長のチョン・モンギュ氏が謝罪文を出すほど、国内でも“完敗”扱い

 パウロ・ベント監督率いる韓国代表は25日、国際親善試合で日本代表と対戦し、0-3で完敗を喫した。歴史的な敗戦を受け、韓国のサッカー関係者も「日本がレアル・マドリードのように見えた」と、母国代表の無気力な戦いぶりを嘆いたという。韓国紙「イルガン・スポーツ」が報じた。

 10年ぶりに行われた親善試合の日韓戦、韓国はエースのソン・フンミン(トッテナム)が負傷で参加を辞退し、FWファン・ウイジョ(ボルドー)とFWファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)は招集できず。20歳のFWイ・ガンイン(バレンシア)をゼロトップ気味に配置し、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)がキャプテンマークを巻いた。

 前半17分、自陣ペナルティーエリアの境界線付近でFW大迫勇也(ブレーメン)にバックヒールで最終ラインの背後へ落とされると、抜け出してきたDF山根視来(川崎フロンターレ)に強烈なシュートを決められ、韓国は先制点を許してしまう。

 さらに同27分には、大迫を起点にMF鎌田大地(フランクフルト)に持ち上がられると、ペナルティーエリア内でキム・ヨングォンがかわされて2点ビハインドで前半を折り返した。後半38分にもセットプレーから失点を喫し、韓国は3失点で完敗となった。

 韓国紙「イルガン・スポーツ」は、「0-3のスコア以上に驚くべきは、無力だった韓国代表の様子。終始、日本に一方的に押された。日韓戦の歴史において、最も圧倒的な日本の勝利として記憶される可能性が大きい」と言及。そして、大韓サッカー協会会長のチョン・モンギュ氏が謝罪文を出したことに触れつつ、「サッカーファン、そして国民の怒りは収まらない。衝撃を目撃したサッカー関係者も嘆いている」と“関係者の声”を紹介している。

「日本がレアル・マドリードのように見えた」
「あまりにも衝撃的だった」
「こんな無気力な日韓戦は見たことがない」

 もっとも、レアルを引き合いに出したコメントに関しては、「日本がレアルのように最強のチームという意味ではない。日本に対して、韓国があまりに無気力な姿を見せた。それが日本を強く見えるようにしたのだ」と説明。日韓戦経験を持つOBには「我々の時は戦争だった」と吐露している者もいたという。

 今回の日本戦完敗は、韓国国内でも“代表の不甲斐なさ”と映ったようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング