ユナイテッド、流出の来季ユニフォームが反響拡大 「史上最高の”レトロ”ルック」

ユナイテッドの新ユニフォームデザインが反響(写真は今季のもの)【写真:AP】
ユナイテッドの新ユニフォームデザインが反響(写真は今季のもの)【写真:AP】

90年代初頭のアウェーユニと類似したデザインに脚光「ここ数年で最も強いキットの1つ」

 マンチェスター・ユナイテッドの来季セカンドユニフォームがリークされ、そのデザインが注目を集めている。英メディアはファンから好評を得ていることを踏まえ「史上最高の”レトロ”ルック」と指摘している。

 ユナイテッドは先日、ドイツのソフトウェア企業「TeamViewer(チーム・ビューワー)」と5年総額で2億3500万ポンド(約350億円)の新ユニフォーム契約を締結し話題となったが、来季に向けた”戦闘服”の準備も着々と進めているようだ。

 海外メディア「Footy Headlines」は、2021-22シーズンのセカンドユニフォームのデザインを公開。白地に青いグラフィック模様が施されたものが1990年代初頭のアウェーユニフォームとして着用した青と白のデザインと似通っていることから、英メディアでは「90年代初頭に着用した青と白のデザインと類似している」(英紙「デイリー・ミラー」)、「絶対的な美しさを備えている」(英ラジオ局「talkSPORT」)などと注目された。

 その反響は止まず、英メディア「スポーツ・バイブル」は「マンチェスター・ユナイテッドの21-22年のアウェーキットがオンラインでリークされ、史上最高の”レトロ”ルックになった」と見出しを打ち「ファンはそのレトロな取り組みを気に入っている」と、新ユニフォームに脚光を当てている。

 このデザインと類似したものを採用していた90年代初頭のチームは、名将サー・アレックス・ファーガソン監督に率いられ91-92シーズンには初のリーグ杯タイトルを獲得。栄光へと上りつめた時代を想起させることもあってか、記事では「ここ数年で最も強いキットの1つになるとファンは信じている」とも記されており、新ユニフォームへの期待が寄せられている事実を報じていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド