連勝か、リベンジか…バイエルン対PSG、昨季CL決勝の“再戦” 直近4回の対戦成績は?

昨季の決勝戦に続き、ベスト8で両チームが対戦【写真:Getty Images】
昨季の決勝戦に続き、ベスト8で両チームが対戦【写真:Getty Images】

昨季CL決勝ではバイエルンが1-0勝利、PSGは過去5勝した相手だが…

 2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が、19日にスイスのニヨンで行われた。前回大会優勝のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)はパリ・サンジェルマン(PSG/フランス)と対戦することになり、前回大会決勝と同カードとなった。

 現在ブンデスリーガ8連覇中のバイエルンは今季も好調で、2位に勝ち点差4をつけて首位を走っている。エースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは24試合32ゴールと絶好調だ。対してリーグ・アン3連覇中のPSGは現在、勝ち点3差の2位につけており、昨年12月には現チェルシー監督のトーマス・トゥヘルを解任し、元トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノが就任した。

 前回対戦となる昨季CL決勝では、試合序盤から両者が高い位置からプレスをかけ合う、ハイレベルな攻防が繰り広げられた。一進一退の展開のなか、後半14分にドイツ代表MFヨシュア・キミッヒのクロスにPSGユース育ちのフランス代表FWキングスレイ・コマンが頭で合わせ、この1点を守り抜いたバイエルンが6度目の優勝を果たした。

 データ分析会社「オプタ」公式ツイッターによると、PSGがヨーロッパの舞台で一番多く倒したチームがバイエルン(5回)だが、過去4試合では1勝3敗と分が悪く、最後に勝利したのは2017年9月27日に行われたCLのグループステージまでさかのぼる。

 昨季同様バイエルンの勢いが勝つか、それともPSGがリベンジを果たすのか、目が離せない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング