開幕5戦5発の大久保嘉人、同僚MFが一緒にプレーして感じる「驚異的」な部分とは?

J1最多得点記録を更新し続けるセレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】
J1最多得点記録を更新し続けるセレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】

15年ぶりに復帰したC大阪で開幕3戦連発を含む5ゴールと絶好調

 15年ぶりにセレッソ大阪に復帰した元日本代表FW大久保嘉人は、自身初となる開幕3試合連続ゴールを含む5戦5発で得点ランキング首位タイに立っている。同僚のMF坂元達裕も「一緒になるとより驚異的」と、38歳のベテランストライカーに絶対の信頼を置いている。

 2006年以来のC大阪復帰を果たした大久保は、衰えを指摘する声を吹き飛ばすかのように開幕からゴールを量産。自身初の開幕3試合連続ゴールを決めるなど、5試合すべてに先発出場して5得点を稼いでいる。

 自身が持つ歴代J1最多得点記録を「190」まで伸ばしている大久保について、好調の坂元は「今まで日本で一番結果を残している選手」と称し、改めてその凄みを口にしている。

「練習から見ていても違うなという部分を感じる。それが一緒(のチーム)になるとより驚異的。相手からしたら怖いポジションに顔を出している。そこに自分たちが良いボールを出せれば、ほとんど得点を取ってくれているので、そこは尊敬できる。もっと良いボールを供給していかないといけない」

 ただ、過密日程ということもあり、38歳の大久保の消耗度は気にかかるところだ。直近3試合はスタメンに同じ11人を送り出していることについて、レヴィー・クルピ監督は16日のオンライン会見で、「完成度を上げるために同じスタメンで行くことは大事」としつつ、大久保のコンディションには注視していく方針を明かしている。

「攻撃も守備もシーズンが始まったばかりというところで、まだ波がある。同じメンバーで戦っていくことで連携度が高まってミスが減っていく部分はある。ただ、ヨシトは好調を保っていますが、年齢を考えてコンディションの把握は慎重にしていきたい。メディカルスタッフ、メディカルコーチ、ほかのコーチングスタッフを含めて、常に彼の動きを追いながら、試合によっては90分出れる時はあると思うし、途中で交代もあるし、試合によってはメンバーに入れないことも、これからは可能性としてあると思う。スタッフ全体で彼と話をしながら、好調さをキープできるように、良い仕事をしていきたい」

 大久保の良い状態をいかに維持できるか、C大阪の今シーズンを占う大きなポイントになっていきそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング