名将ベンゲル、アーセナル下部組織の“ケイン解雇”を後悔 「決断は誤りだった」

ケインは「僕に起きたなかで最高の出来事だったかもしれない」と回想

 ただ、ケイン自身は2018年、元MLBヤンキースの内野手デレク・ジーター氏が運営する米ウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」で、わずか8歳という年齢でアーセナルをクビになったことがキャリアに大きく影響を与えたと明かしている。

「初めて、僕たち(トッテナムのユース選手)がアーセナルと対戦した時のことを覚えている。あの時でさえ、(アーセナルに)恨みを抱いていたからね。彼らが僕をクビにした時は8歳だったから馬鹿げているように聞こえるかもしれないが、彼らとの試合では毎回、『よし、誰が正しくて、誰が間違いだったのかはっきりさせてやろうじゃないか』という気持ちだったよ。しかし、今振り返ると、あれは僕に起きたなかで最高の出来事だったかもしれない。なぜなら、あの出来事こそが、それ以前にはなかった闘争心を奮い立たせてくれたからね」

 この経験がなければ、今のようなケインの姿を見ることはできなかったかもしれない。ただ、ベンゲル氏にとっては、スーパースターの素質を持ったケインを失ったことは長いアーセナル在任中の心残りの一つとなっているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング