神様ジーコ、40年愛用日本車との“ラブストーリー”に伊注目 「物語の主人公になった」

鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏【写真:Getty Images】

1981年トヨタカップMVPの副賞で贈呈されたトヨタ・セリカを40年間愛用

 鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏が、40年間愛用しているマイカーの反響が止まない。イタリアでは「ジーコとセリカによるラブストーリー」として大きく取り上げている。

 かつてセレソンの10番を背負った”神様”ジーコ氏は、母国のフラメンゴに所属していた1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表として来日。欧州代表のリバプール(3-0)と激突したなか、全3ゴールの起点となり、2アシストの活躍を披露してMVPを受賞した。この時の副賞として贈呈されたのが、トヨタ・セリカだった。

 思い出の詰まった”お宝”の愛車を大切に乗り続けていることを、ジーコ氏は2019年に母国メディア「AUTO ESPORTE」で告白。1981年当時のブラジルでは輸入制限があったため、車を持ち込むことが難しかったというエピソードのほか、走行距離が10万キロを超えていることなどが明かされていた。

 現代では、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが数億円のブガッティ・シロンを筆頭にスーパーカーを複数所有しているように、高級車は成功を示す一つのステータス。それだけに世界的スターであるジーコ氏が40年間愛車を使い続け、その推定金額が約9000ユーロ(約117万円)であることを引き合いに、スペイン紙「AS」は「サッカー界のほかの著名人が所有している車の価格と比較すると、とんでもない数字だ」と報じていた。

 一連の報道を受け、イタリアのヴィンテージ車専門誌「Ruoteclassiche」も「果てしない愛:ジーコと彼のセリカ」との見出しで取り上げている。

「ジーコにはクリスティアーノ・ロナウドに匹敵するガレージのコレクションはない。彼は市内の高級物件のような費用を要するスーパーカーに頭を悩ませたことがない。驚くべきことに、愛好家の心を打つ、美しい“カーオーナー物語”の主人公となった。他の素晴らしいラブストーリーのように、ジーコとセリカによるラブストーリーはロマンチックだ」

 愛着のある車に乗り続けて40年――。ジーコ氏の人柄の素晴らしさにも改めてスポットライトが当てられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング