神様ジーコ、40年愛用日本車の“プレミア”に伊紙注目 「コレクター市場で歴史的価値」

鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏【写真:Getty Images】

1981年トヨタカップMVPの副賞で贈呈後、40年乗車するトヨタ・セリカが話題沸騰

 鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務める元ブラジル代表MFジーコ氏が、1991年の来日以前から母国で日本車を乗り続けていることはこれまでにも話題になってきた。40年愛用していた一台が、今はプレミアがついて「値段が上がっている」とイタリア紙「コリエレ・デラ・セーラ」が注目している。

 かつてセレソンの10番を背負った”神様”ジーコ氏は、母国のフラメンゴに所属していた1981年の第2回トヨタカップ(現・FIFAクラブワールドカップ)で南米代表として来日。欧州代表のリバプール(3-0)と激突したなか、全3ゴールの起点となり、2アシストの活躍を披露してMVPを受賞した。この時の副賞として贈呈されたのが、トヨタ・セリカだった。

 思い出の詰まった”お宝”の愛車を大切に乗り続けていることを、ジーコ氏は2019年に母国メディア「AUTO ESPORTE」で告白。1981年当時のブラジルでは輸入制限があったため、車を持ち込むことが難しかったというエピソードのほか、走行距離が10万キロを超えていることなどが明かされていた。

 世界的なスターともなれば、数千万円~数億円の高級スーパーカーを複数所有していることもあるが、スペイン紙「AS」は「元ブラジル代表のアイコンであるジーコは、ガレージを”改装”する気もなく、40年間乗ってきたトヨタのセリカを今でも愛用している」と指摘。愛車の推定金額が約9000ユーロ(約117万円)であることを引き合いに「サッカー界のほかの著名人が所有している車の価格と比較すると、とんでもない数字だ」と報じていた。

 さらに、「コリエレ・デラ・セーラ」紙は、「クリスティアーノ・ロナウドと高級車は、ほぼ完璧な組み合わせだ。しかし、すべてのプレーヤーが高級車に没頭しているわけではない。その中にジーコもいる。1981年のトヨタカップでMVPの副賞として贈呈されたトヨタ・セリカは大会のスポンサーだった。今ではコレクター市場では歴史的な価値があり、珍しいわけではないが、価値が上がっている」と“プレミア”がついていることに注目している。

 ジーコ氏の人柄があふれた愛車エピソードは、世界中で注目を集めている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング