「まじでバケモン」 大久保嘉人、開幕3戦連発“ダイビングヘッド弾”をファン称賛

開幕戦から3試合連続ゴールのC大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】
開幕戦から3試合連続ゴールのC大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】

“古巣”FC東京戦に先発出場、前半14分に3試合連続ゴールを叩き込む

 セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人は6日、J1リーグ第2節のFC東京戦にスタメン出場し、前半14分に開幕3戦連発となる先制ゴールを決めた。Jリーグ公式ツイッターがこの一撃を速報すると、ファンから「まじでバケモン」「動き出しやっぱり神」など賛辞が巻き起こっている。

 大久保は今季、J2東京ヴェルディからC大阪へ完全移籍。2001年にプロデビューした“心のクラブ”でプレーするのは、スペインから帰国した06年までさかのぼり、実に15年ぶりの復帰となった。昨季は負傷の影響もあり、Jリーグでのキャリアで初めてシーズン無得点の屈辱を味わったが、類稀な得点感覚は錆びついていなかった。2月27日の柏レイソルとの開幕戦(2-0)でいきなり復帰後初ゴールを決めると、3日に行われた“古巣”川崎フロンターレ(2-3)との一戦でも2ゴールを叩き込み、開幕2試合連続ゴールをマークしていた。

 そしてこの日も、大久保にとっては2017年に在籍した“古巣”FC東京との対戦。味の素スタジアムに乗り込んだストライカーは、抜群の嗅覚を見せる。前半14分、敵陣右サイドで味方同士のパスがズレたが、MF坂元達裕が拾ってルックアップ。その瞬間に大久保が相手最終ラインの裏へ走り出すと、坂元が左足で供給した浮き球のボールに頭から飛び込み、軌道をわずかに変えてゴールネットを揺らした。

 一瞬の隙を逃さない抜群の得点嗅覚を見せた大久保のダイビングヘッド弾を、Jリーグ公式ツイッターが速報すると、ファンからは「すごすぎる」「得点王ペース」「またピークきてる」「DFラインとの駆け引きが素晴らしい」「動き出しやっぱり神」「まじでバケモンだろ」などの声が上がった。

 開幕から3試合連続の4点目で、自身が持つJ1歴代最多得点記録を「189」に更新した38歳ストライカー。C大阪で輝きを取り戻し、目標の一つに掲げている今季中の200ゴール達成も現実味を帯びてきている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング