「また日本代表で見たい」 佐藤寿人氏が「今季J1で注目するストライカー」は?

現役を引退した佐藤寿人氏が選んだ注目ストライカーとは【写真:ⒸJEFUNITED】
現役を引退した佐藤寿人氏が選んだ注目ストライカーとは【写真:ⒸJEFUNITED】

佐藤寿人氏はDAZNの番組「やべっちスタジアム」で鹿島FW上田を期待の選手に選出

 昨年12月に現役を引退した元日本代表FW佐藤寿人氏が、スポーツチャンネル「DAZN」の番組「やべっちスタジアム」の中で、今季J1で注目するストライカーについて言及。鹿島アントラーズの日本代表FW上田綺世の名前を挙げた。

 佐藤氏はサンフレッチェ広島でJ1優勝3回を経験し、2016年限りで退団後はJ1名古屋グランパス、古巣のJ2ジェフユナイテッド千葉で2年ずつプレーし、昨季限りでの現役引退を決断した。

 2021年は解説業に力を入れているなか、ナインティナインの矢部浩之さんがメインMCを務める「やべっちスタジアム」のJリーグ開幕スペシャル「エピソード13」のゲストに登場。J1歴代2位の通算161ゴール、歴代最多のJリーグ通算220ゴールを誇る佐藤氏は、「今季J1で注目するストライカー」に東京五輪世代の上田を選出した。

「エヴェラウド選手との2トップは脅威。何より上田選手は動き出しが非常に素晴らしい。ボールを呼び込むタイミングが秀でている。パンチもある。一昨年は4ゴール、昨年は10ゴールと得点を少しずつ伸ばしてきている。今シーズンは15点くらいは決めてくれるんじゃないかなと」

 2019年に法政大サッカー部を退部し、21年の加入内定を前倒しする形でプロ入りした上田。巧みな動き出しには定評があり、1年目はリーグ戦13試合4ゴール、2年目の昨季は26試合10ゴールを記録した。2月27日に行われた清水エスパルスとの開幕戦(1-3)はフル出場したなかでノーゴールに終わったが、FWエヴェラウドとともに攻撃の軸を担うのは間違いない。

 佐藤氏は、自身の特徴とも重ねつつ、「動き出しはもちろん、シュート技術も高いのでまた代表で見てみたい」と期待を寄せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング