久保の現状に「レアルの不安は増幅の一途」 現地指摘「お馴染みとなったベンチ」

バレンシア戦に途中出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】
バレンシア戦に途中出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】

ヘタフェはバレンシアに3-0で快勝、久保は後半40分から途中出場でポスト直撃のシュートも…

 ヘタフェは現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第25節でバレンシアと対戦し、ホームで3-0の勝利を収めた。日本代表MF久保建英は後半40分から途中出場し、ポスト直撃のシュートを放つも、スペイン大手紙は「クボが再びベンチスタートで、レアルの不安は増幅の一途を辿る」と見出しを打って取り上げている。

 今冬の移籍市場でビジャレアルとの期限付き移籍契約を打ち切り、ヘタフェへ“再レンタル”となった久保は、加入直後は先発で起用されていたものの、9日に行われた第1節順延分の保有元レアル・マドリード戦(0-2)以降は先発から外されるようになり、今節バレンシア戦も4試合連続のベンチスタートとなった。

 チームは6戦未勝利(1分5敗)の泥沼状態にあったが、前半39分にMFマウロ・アランバリが強烈なミドルシュートを叩き込んで先制すると、後半10分にはFWハイメ・マタが追加点を奪取。同42分には久保と同時投入されたMFカルレス・アレニャがネットを揺らした。

 久保は後半45分に左サイドから流れてきたボールにフリーで走り込み、ペナルティーエリア内から右足のシュートを放つも、ボールはゴール右ポストを直撃し、初ゴールはお預けとなった。そんななか、スペイン紙「マルカ」は「クボが再びベンチスタートで、レアルの不安は増幅の一途を辿る」と見出しを打って取り上げている。

 4戦連続ベンチスタートの状況に、記事では「バレンシア戦でも、今やお馴染みとなったベンチのポジションに配置された。レアル側は、与えられている出場機会に、より一層の懸念を抱いている」と指摘。バレンシア戦では久保の出場時間が5分のみだった一方、チームは7試合ぶりの勝利で復調の兆しを見せており、レアル側にとっても複雑な心境であることは確かだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング