悪童スアレス、衝撃の“つねり事件”を元選手が糾弾 「ぶん殴ったほうがいい」

アトレティコ・マドリードFWルイス・スアレス【写真:Getty Images】
アトレティコ・マドリードFWルイス・スアレス【写真:Getty Images】

チェルシーDFリュディガーと競った際に相手の足をつねって一触即発に

 アトレティコ・マドリードは、現地時間23日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦でチェルシーと対戦し、0-1で敗れた。試合途中、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが球際で競った相手の足をつねる奇行に走り、元選手からも「ぶん殴ったほうがいい」との声が上がっている。英ラジオ局「talkSPORT」が報じた。

 新型コロナウイルスの影響で、アトレティコのホーム扱いの一戦はルーマニアの首都ブカレストにあるアレーナ・ナツィオナラで開催。後半23分にチェルシーの元フランス代表FWオリビエ・ジルーに値千金のオーバーヘッド弾を決められ、黒星を喫した。

 普段3バックのアトレティコは4-4-2でスタートし、守備時には両サイドハーフのフランス代表MFトマ・レマルとアルゼンチン代表FWアンヘル・コレアが最終ラインに降りる“6バック”を採用。しかし、ディエゴ・シメオネ監督の執念も実らず、ノーゴールで敗れた。

 2トップの一角で先発フル出場するもシュートなしに終わったスアレスは、試合終盤にフラストレーションが爆発した。後半34分、ゴールライン際でチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーと激しく競った際、背後から押される形になり、倒れ込みそうになった瞬間にこっそりと相手の足をつねる奇行に出た。

 これにはリュディガーも怒りを覗かせ、にらみ合い、スアレスが胸を突き飛ばすなど一触即発の状態に。両者注意にとどまったが、このシーンが波紋を呼んでいる。

 スコットランドの名門レンジャーズで長年活躍した元ストライカーで、引退後は解説者や監督も務めたアリー・マッコイスト氏は「talkSPORT Breakfast」で、「これ(つねり)はひどい。正直、彼(スアレス)のことはぶん殴ったほうがいい。フットボールに噛みつきが許される場所はない。マジで引っぱたいでやりたかった。腹が立つ! 噛みつきからつねりに移行したようだ」と糾弾している。

 スアレスと言えば、リバプール時代の2013年、ウルグアイ代表の一員と出場した2014年のワールドカップで“噛みつき事件”を起こした問題児。悪童伝説に“つねり”の項目が新たに追加されることになった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング