【開幕特集】G大阪、攻撃力武器の“スタイル復活”をかけ新布陣を導入 「今年のキー」は中盤トリオ

ガンバ大阪の中盤を支えるMF井手口陽介【写真:高橋 学】
ガンバ大阪の中盤を支えるMF井手口陽介【写真:高橋 学】

G大阪は今季から新システムの「4-3-3」を導入

 ガンバ大阪は昨季のJ1リーグを2位でフィニッシュし、天皇杯も決勝まで進出したものの、“二冠王者”川崎フロンターレの壁を超えることはできなかった。今季は4年ぶりに出場するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)と並行して、6季ぶりのタイトル奪取を目標に掲げるなか、“ガンバらしさ”を取り戻すべく新システムも採用。昨季培った守備にプラスして攻撃力に磨きをかける。「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」は、J1開幕戦を総力特集。ヴィッセル神戸との“阪神ダービー”から今季の戦いをスタートさせるG大阪の注目ポイントを紹介する。

 今季の“ヒーロー”候補となるのは、まず成熟した中堅からベテランの力だ。新戦力の韓国代表MFチュ・セジョンと縦横無尽にピッチを駆け回るMF井手口陽介が中心となって支える中盤、エースFW宇佐美貴史の爆発力が欠かせない。

 今季新加入のチュ・セジョンは2012年に釜山アイパークでプロデビューし、16年にFCソウルへ移籍。18年からは期限付き移籍先の牙山ムグンファFCでプレーしていた。韓国代表として国際Aマッチ28試合に出場する30歳MFは、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)や19年アジアカップのメンバーに選出された。ロシアW杯ではメキシコ戦とドイツ戦の2試合に出場。ドイツ戦では、後半アディショナルタイムに19年からG大阪でプレーする韓国代表DFキム・ヨングォンが先制点を挙げた後、FWソン・フンミン(トッテナム)の追加点を演出していた。

 オールマイティーにプレーできるチュ・セジョンは、宇佐美が「今年のガンバのキー」と話す新システム「4-3-3」の中盤3枚でFWとDF陣を結びつける“潤滑油”の役割が求められる。

 もう1人、中盤で欠かせない存在として注目されるのが井手口。昨季は終盤に負傷離脱したものの26試合4得点でチームの2位躍進に貢献。10月度には平均走行距離11.421kmをマークし、7試合のフル出場で8回のインターセプト、34回のこぼれ球奪取、1ゴールを記録して月間MVPを受賞した。攻守の要として、今やG大阪の“心臓”とも言える逞しさを身につけた。

 また、昨季に大卒ルーキーでMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)の“後継者”として主力を担ったMF山本悠樹の存在も光る。20日に行われた今季最初の公式戦、富士ゼロックス・スーパーカップの川崎フロンターレ戦(2-3)ではアンカーでフル出場。攻守において高い強度でチームを牽引し、2年目となる今季はさらなる飛躍に期待がかかる。

 さらに中盤の競争は激しく、抜群の攻撃的センスを持つ背番号10のMF倉田秋、柔らかいタッチで創造的なパスを演出するMF矢島慎也らがスタメンを狙う。今季は層の厚さもうかがえる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング