鄭大世、復活を印象付けた超絶ボレー弾の舞台裏 シュートで欠かせない“マイルール”

昨季はシーズン途中からアルビレックス新潟でプレー【写真:Getty Images】
昨季はシーズン途中からアルビレックス新潟でプレー【写真:Getty Images】

思い通りのボレーが炸裂「腰の回転を利用して、ボールに勢いをつける感じ」

 そして、シュートシーンは要求した場所よりもパスは後ろにずれていたが、日頃からダイレクトで打つ練習を徹底していたことで、迷いなく体が動いたと語る。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「福田晃斗が完全フリーで前を向いていて、3対2の状況。相手のラインも高い状況のままで、僕が同じラインに立って、左手で『この裏にくれ』ってアピールをしました。僕のイメージとしてはもう少し前で、ダイレクトでヘディングを打ちたかった。ただ、実際に来たのはちょうど自分の真上。もしあそこで一度止めたら、(町田MF佐野)海舟とか寄せが上手いから、取られているだろうし、ダイレクトで打つことでGKのタイミングを外せる。シュートは絶対ダイレクトと決めていて、子供の頃からボレーとかオーバーヘッドの練習を繰り返してきました。打って倒れるんじゃなくて、打ちながら体をねじって腰の回転を利用して、そのままボールに勢いをつける感じ。運や勢いもありますが、あの後ろから来たパスを、思い通りにミートできて、コースも良かったですね」

 清水では怪我に苦しむ時期も続き、新潟に活躍の場を求めた鄭大世。それだけに、町田戦のハットトリックは「サッカー選手としての寿命は3年伸びた、と思いました。(あのボレー弾は)スーパーゴールですね」と振り返った。

 新天地・町田でも、チームを勝利に導くゴールで攻撃を牽引していく覚悟だ。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。

[PROFILE]
鄭大世(チョン・テセ)/1984年3月2日生まれ、愛知県出身。川崎―ボーフム―ケルン(ともにドイツ)―水原三星(韓国)―清水―新潟―町田。J1通算181試合・65得点、J2通算63試合・35得点、北朝鮮代表通算33試合・15得点。敵を弾き飛ばす驚異的なフィジカルと、闘争心あふれるプレーでゴールを陥れる“魂のストライカー”。2010年の南アフリカ・ワールドカップに出場するなど、豊富な経験を新天地・町田の勝利のために還元する。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「さすがにこの髪型はおらんやろ」 川澄奈穂美、“派手な大阪のおばちゃん”大変身にファン爆笑「最高傑作か」「もう立派な関西人」

  2. 48億円愛車「世界で最も高価な1台」 年俸100億円メッシ、“高級カーコレクション”に海外注目「エキゾチック」

  3. 「かっこいい」 南野拓実のモナコ移籍濃厚、新ユニフォーム着用“加工”投稿が話題「全然違和感ない」

  4. 「カッコよすぎる」 久保建英のジャケットコーデ&サングラスに称賛 私服の日本代表4人がオフ満喫「とてもおしゃれ」

  5. 「岳ちゃんの腕かな?」 柴崎岳の妻・真野恵里菜さん、久しぶりの“夫婦休日デート”報告に反響「ラブラブで良かった!」

  6. 「なんて美しい車だ!!!」 名手ベッカム、3000万円超の高級車でご満悦表情に注目

  7. 「な、な、なんと」 吉田麻也、アイドルが偶然遭遇報告で福岡アンバサダーも驚き「まじか」

  8. 「恥知らずな行動」 ソン・フンミンと“大五郎カット”、FIFA公式の合成SNS投稿に非難の声「衝撃的だ」

  9. 森保ジャパン、E-1選手権「国内組招集メンバー予想」 サプライズ候補は6人、“パリ五輪世代”U-21代表戦士も抜擢

  10. 「かっこいい」 松井大輔がイメチェン、散髪後の“ニューヘアショット”にファン「すごくイケおじ」