鄭大世、復活を印象付けた超絶ボレー弾の舞台裏 シュートで欠かせない“マイルール”

Jリーグで通算100ゴールを超えるFW鄭大世【写真提供:©FCMZ】
Jリーグで通算100ゴールを超えるFW鄭大世【写真提供:©FCMZ】

【鄭大世インタビュー|Vol.2】新潟で復活を印象付けたハットトリックの3点目を解説

 Jリーグ通算100ゴールを誇る元北朝鮮代表FW鄭大世は、2021年シーズンからJ2のFC町田ゼルビアに加入した。昨季シーズン途中、J2アルビレックス新潟のラブコールを受けて期限付き移籍し、リーグ戦26試合9得点をマーク。奇しくも、その後に新天地となる町田相手のハットトリックが復活のきっかけとなった。今回はゴールラッシュを締めくくった、会心の超絶ボレー弾を解説してもらった。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史)

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

   ◇   ◇   ◇

 2020年10月4日に行われたJ2リーグ第24節・新潟対町田戦、鄭大世は1-0で迎えた後半19分から途中出場。後半32分にMF中島元彦の左サイドからのクロスを、ファーサイドに駆け込んでダイレクトシュートでゴールを奪うと、同44分には自ら獲得したPKを冷静に決めて、3点差にリードを広げた。

 トドメの一撃が生まれたのは後半アディショナルタイム。後方からのMF福田晃斗の浮き球パスを、鄭大世は鮮やかなダイレクトボレーで合わせ、ハットトリックを達成した。自らを「ヘディングでリズムを作る選手」と表現する鄭大世にとって、相手に競り勝ち、GK小島亨介のロングフィードをマイボールにしたプレーが最初のキーポイントだったという。

「2点取っているのでストレスフリー、ノープレッシャーの状況。点を取ったら恐怖心もなくなって、力が抜けてプレーが良くなる。あのボレーに関しては、まず(ゴールの前のプレーで)ヘディングで1回収めたところで自信が付きました」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド