「この髪だから載せるか迷った」 元日本代表MF、「兄貴みたいな」恩師との2ショット公開

仙台の元日本代表MF関口訓充【写真:Getty Images】
仙台の元日本代表MF関口訓充【写真:Getty Images】

関口訓充が公式インスタグラムで手倉森監督との2ショットを公開

 ベガルタ仙台の元日本代表MF関口訓充が公式インスタグラムを更新した。今季から指揮官に復帰した手倉森誠監督との2ショットを公開。「100投稿」を記念して、「兄貴みたいな」存在だという指揮官との“タッグ”で、「11年12年シーズンのように躍動してチームも個人も最高のシーズンにしていきたいと思います!」と意気込んだ。

 関口は2004年に帝京高校から仙台に入団。2011年には東日本大震災に被災するも、チームの中心として活躍し、J1リーグ戦4位に貢献。翌12年は28試合3得点の活躍で優勝争いを演じる2位に導く存在感を発揮した。13年から2年間は浦和レッズでプレーし、15年からはセレッソ大阪に在籍。18年から仙台に復帰した。

 一方の手倉森監督は、2004年から13年まで仙台を率い、リオ五輪代表の指揮官を務めた後、ロシア・ワールドカップ(W杯)まで日本代表コーチを務めた。19年から昨季までV・ファーレン長崎の指揮官に就任し、今季から仙台の監督に復帰している。

 仙台がJ1で上位につけた11年(4位)、12年(2位)でも“タッグ”を組んでいた2人。関口は公式インスタグラムで手倉森監督と笑顔で納まる2ショットを公開し、自身の気持ちを綴っている。

「開幕まで1週間切りましたね!! 明日はOFFですがOFF明けからしっかり準備して全員で連戦を戦い抜きたいと思います! 今日誠さんと話をしたあとに記者さんが写真撮らせてくださいって事でその写真をもらいました 100投稿に持ってこいの写真でしたね 今年から久しぶりの誠さんとのタッグを組み11年12年シーズンのように躍動してチームも個人も最高のシーズンにしていきたいと思います! シーズン始まって常に良い時ばかりではないかもしれないけど一喜一憂せず毎試合を自分のやれる事を全力で頑張りたいと思います。あー写真撮るなら髪セットしてリカバリーやれば良かったな… この髪だから載せるか迷ったけどせっかくだし載せる事にしました 応援宜しくお願いします!」

 恩師とともに飛躍することを誓った関口。東日本大震災から10年を迎えるなか、仙台のシーズンに注目が集まる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング