南野は「チェルシーの守備をこじ開けた」 絶妙フェイント弾の“価値”に韓国も注目

サウサンプトンでプレーするMF南野拓実【写真:Getty Images】
サウサンプトンでプレーするMF南野拓実【写真:Getty Images】

絶妙なフェイントでGKメンディとDFアスピリクエタを翻弄して移籍後2点目をマーク

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は、現地時間20日のプレミアリーグ第25節チェルシー戦(1-1)で巧みな動き出しとキックフェイントから先制点を挙げた。トーマス・トゥヘル新監督就任後の強豪から初めてゴールを奪った選手として名を刻み、韓国メディアも「チェルシーの守備をこじ開けた」と報じている。

 3試合連続スタメンで4-4-2の左サイドハーフに入った南野。サウサンプトンは強豪チェルシーに押し込まれる展開が続いたが、前半33分に南野が見せ場を作る。

 中盤でボールを持ったイングランド代表MFネイサン・レドモンドに合わせて絶妙な動き出しで縦パスを受けると、そのままペナルティーエリア内に侵入。冷静なキックフェイントでセネガル代表GKエドゥアル・メンディとスペイン代表DFセサル・アスピリクエタを翻弄し、右足アウトサイドのグラウンダーのシュートを突き刺した。

 試合は後半9分にPKを献上して1-1の引き分けに終わったが、南野はプレミアリーグで出場した直近5試合で3ゴール。それ以前の同リーグ最初の17試合では無得点だったのに対し、サウサンプトン加入後は3試合で2得点と、リバプール所属時のリーグ通算19試合で挙げた得点数(1点)を上回っている。

 また、価値があるのは、1月26日にトゥヘル新監督が就任後、公式戦6試合でオウンゴールのわずか1失点と堅守を誇っていたチェルシーを攻略したこと。韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」も「南野の感覚的なゴール」と見出しを打ち、「チェルシーの守備をこじ開けて先制ゴールを決めた」と報じている。

 南野にとって、サウサンプトンへの期限付き移籍はここまで良い方向に働いている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング