「スパイ・ミナミノ」 南野の“チェルシー足止め弾”に現地興奮「リバプールが感動」

サウサンプトンでプレーするMF南野拓実が貴重な先制点【写真:AP】
サウサンプトンでプレーするMF南野拓実が貴重な先制点【写真:AP】

南野が貴重な先制点、サウサンプトンはチェルシーに1-1のドローで連敗ストップ

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間20日、プレミアリーグ第25節チェルシー戦(1-1)に先発出場し、貴重な先制点を決めた。リバプールの地元紙は「スパイ・ミナミノ」と表現し、リバプールにとっても南野の一撃が重要な役割を務めたと指摘している。

 南野は2月6日の第23節ニューカッスル戦(2-3)で新天地デビューを果たすと、前半30分に左足の強烈な一撃でいきなり移籍後初ゴールを記録。前節ウォルバーハンプトン戦(1-2)でも先発出場している一方、チームは6連敗中と泥沼状態のなかで今節のチェルシー戦を迎えた。

 サウサンプトンは序盤からトーマス・トゥヘル監督が就任した新生チェルシーに主導権を握られ、防戦一方に。南野も中央でボールを受ける際、相手MFエンゴロ・カンテの激しいチャージに遭い、なかなか思うようなプレーをできずにいた。しかし、前半33分、南野が持ち味を発揮してチェルシー守備陣を打開する。

 中盤でパスを回していたサウサンプトンは、イングランド代表MFネイサン・レドモンドがボールを持ったのを合図に、南野がチェルシー守備陣の隙間に走り込みを見せ、ペナルティーエリア内でスルーパスを受ける。対峙した相手GKに対してキックフェイトでバランスを崩し、そのまま右足アウトサイドで流し込んで先制点を奪った。

 最終的には1-1のドローに終わったが、連勝中だったチェルシーの勢いを止めた南野の一撃にリバプール地元紙「リバプール・エコー」は「スパイ・ミナミノ」と公式ツイッターで投稿。また、同メディアの記事では「リバプールがCL出場権を獲得するうえで、ファンは南野のゴールに熱狂」と見出しを打って取り上げている。

 リバプールは事実上、優勝争いから脱落した立場にあり、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権の確保が目標となっているなか、ライバルであるチェルシーに痛手を負わせた南野について、「リバプールを感動させた」と指摘している。なお、リバプールは同節エバートン戦を0-2で落としており、南野の“アシスト”を棒に振る格好となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング