鎌田大地は「ビッグゲームプレーヤー」 王者バイエルン戦の“値千金弾”を海外高評価

フランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】
フランクフルトMF鎌田大地【写真:AP】

今季リーグ戦18得点のアンドレ・シルバが欠場したなか、1得点1アシストで勝利に貢献

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、現地時間20日のブンデスリーガ第22節バイエルン戦(2-1)に先発出場し、1得点1アシストの大活躍を披露。“世界王者”を破る原動力となり、海外メディアも「シルバがいない? 問題ない」と高く評価している。

 フランクフルトは、今季18ゴールを挙げているポルトガル代表FWアンドレ・シウバが背中の故障で欠場。ポイントゲッターを欠くなかで、攻撃を牽引したのが5試合連続スタメン出場の鎌田だった。

 前半12分、左サイドからペナルティーエリア内に侵入したセルビア代表MFフィリップ・コスティッチの折り返しに合わせ、鎌田もゴール前へ。難しいバウンドながら冷静に右足ダイレクトでシュートを放ち、名手マヌエル・ノイアーもノーチャンスの一撃をゴール右隅に流し込んだ。鎌田はこれで、今季リーグ戦3得点目となった。

 フランクフルトはさらに前半31分、鎌田のパスからドイツ代表MFアミン・ユネスが強烈な右足シュートを突き刺して追加点。後半8分に相手FWロベルト・レバンドフスキに1点を返されたが、FIFAクラブワールドカップを制した“世界一”のバイエルン相手に2-1で逃げ切った。

 ドイツメディア「DW」公式ツイッターは、「シルバがいない? 問題ない。ダイチ・カマダのおかげでフランクフルトがバイエルン相手にリード」とゴール速報を投稿。英メディア「Squawka」も、「ダイチ・カマダの直近2ゴールはドルトムント戦とバイエルン戦。ビッグゲームプレーヤーだ」と称えている。

 今季リーグ戦21試合で3得点11アシストを記録している鎌田。チームも5連勝と調子を上げており、元日本代表MF長谷部誠とともに重要な役割を担っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング