自分にしかできないゴールを “人間ブルドーザー”鄭大世が貫く唯一無二のストライカー像

今季から町田ゼルビアでプレーするFW鄭大世【写真提供:©FCMZ】
今季から町田ゼルビアでプレーするFW鄭大世【写真提供:©FCMZ】

【鄭大世インタビュー|Vol.1】クライファートを理想像に掲げストライカーの道を邁進

 2021年シーズンからJ2のFC町田ゼルビアに加入した元北朝鮮代表FW鄭大世は、昨季総得点数でリーグ18位タイ(41得点)と苦しんだ攻撃の切り札として期待される。日本、ドイツ、韓国の3カ国でプレーし、2010年には南アフリカ・ワールドカップ(W杯)にも出場。プロ16年目、世界を知る男が貫いてきた“理想のストライカー像”を訊いた。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史)

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

    ◇   ◇   ◇

 9歳からサッカーを始めた鄭大世が憧れのFWとして追い求めてきたのは、アヤックス(オランダ)、ACミラン(イタリア)、バルセロナ(スペイン)など欧州の名門で活躍した元オランダ代表FWパトリック・クライファートだった。188センチの長身にして足元の技術にも長けていたが、1998年フランスW杯準決勝のオランダ対ブラジル戦で後半42分に生まれたヘディング弾に感銘を受けたという。

「1998年(フランス・)ワールドカップのヘディングが強烈すぎて、パトリック・クライファートという存在が頭に焼き付きました。彼のヘディングはボールがホップするイメージ。高校の時、唯一ユニフォームを買ったのも、バルセロナ時代のクライファートです。あんなヘディングのゴールを決めたくて、ずっと練習していました」

 クライファートに関しては、鄭大世にとって忘れられないエピソードがある。2013~15年に韓国1部の水原三星ブルーウィングスでプレーした際、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した韓国の英雄MFパク・チソンと親交を深めた縁で、主催するチャリティーマッチに招待されるようになった。2016年1月に上海で行われた「2016 Asian Smile Cup in China」に、憧れのクライファートがチームメートとしていたのだ。

「『Kluivert』って書いてあって、まさかあのクライファートじゃないよなと思って行ったら本人で、マジで感動しました。ウォーミングアップの時にチュンソン(李忠成/現・京都サンガF.C.)と近づいていったんですけど、川崎フロンターレで初めて練習参加した時、相馬(直樹)さんとの基礎練習でまともにボールを返せなかったように、緊張しすぎてリフティングができないんですよ。神様のような存在のクライファートと一緒にウォーミングアップできて、本当に光栄でした。試合では2トップを組んで、帰りのバスで電話番号を聞いて。今も携帯に入っていて、僕にとってはお守りみたいなものです(笑)」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も