ソン・フンミンとベイル、「ビッグW」コンビ結成? カメラ目線の新ポーズを披露

トッテナムFWギャレス・ベイルとFWソン・フンミン【写真:AP & Getty Images】
トッテナムFWギャレス・ベイルとFWソン・フンミン【写真:AP & Getty Images】

4-1で勝利したELヴォルフスベルガー戦、2人が見せたゴールパフォーマンスをクラブ公式SNSが公開

 トッテナムは現地時間18日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32第1戦でヴォルフスベルガーと対戦し、敵地で4-1と快勝を収めた。クラブ公式SNSは韓国代表FWソン・フンミンとウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、2人揃って披露したゴールパフォーマンスの写真を投稿している。

 ジョゼ・モウリーニョ監督の指揮の下、一時はプレミアリーグで首位に浮上していたトッテナムだったが、直近5試合で1勝4敗と失速しており、順位も9位まで落としている。過密日程を考慮し、ヴォルフスベルガー戦では主力の一部を温存して臨んだが、最前線に入った韓国人エースが均衡を破る。

 0-0で迎えた前半13分、右サイドでボールを受けたベイルが鋭いクロスを供給すると、ゴール前に構えていたソン・フンミンが頭に当ててゴール左隅へ流し込んだ。ソン・フンミンは笑顔でベイルの元へ駆け寄り、ハイタッチと抱擁を交わすと、2人揃ってカメラに向かってダブルピースのポーズを決めていた。さらに同28分には、右サイドでボールを受けたベイルが華麗な切り返しでマーカーを翻弄すると左足を一閃。貴重な追加点を決めた際にも、“ビッグW”ポーズを披露していた。

 トッテナム公式インスタグラムは「名コンビの“ビッグW”」と文章を添え、ベイルとソン・フンミンのペアによるゴールパフォーマンスを写真で投稿。コメント欄では「最高だ!」「素晴らしいデュオ」「とてもキュートだ」と反響が寄せられていた。勢いに乗ったチームは最終的に4ゴールを決めて快勝を収めており、復調のきっかけを掴んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング