「並外れたフィニッシュ」 南野の“デビュー弾”を海外メディア称賛「なんて一撃だ!」

サウサンプトン初戦でいきなりゴールを決めた南野【写真:AP】
サウサンプトン初戦でいきなりゴールを決めた南野【写真:AP】

サウサンプトン初陣で初ゴール、チームは5連敗もインパクト残す

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦に移籍後初先発を果たし、0-2で迎えた前半30分にいきなり初ゴールを決めた。海外メディアは「輝かしい」「並外れたフィニッシュ」など称賛の声を上げている。

 南野は今冬の移籍市場最終日となった1日に、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。チームは前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-9の大敗を喫し、4試合わずか1ゴールで4連敗という深刻な状況に陥っていた。テコ入れが必要となるなか、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は敵地ニューカッスル戦で南野のスタメン起用に踏み切った。

 新天地デビューとなる南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスを、ニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった。

 この鮮烈なゴールを海外メディアも速報。英紙「デイリー・メール」のスポーツ版公式ツイッターは「タクミ・ミナミノがデビュー戦で輝かしいフィニッシュ」と伝えれば、米スポーツ専門局「NBCスポーツ」公式ツイッターも「ミナミノからのなんて一撃だ!」と報道。「BBC 5 Live Sport」公式ツイッターも「並外れたフィニッシュと素晴らしい走り」と伝えている。

 試合には2-3で敗れ5連敗となったサウサンプトンだが、南野は新天地デビュー戦でフル出場を果たして1ゴール。今後への弾みとなる一撃となった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング