ヘンク伊東純也のプレーが魅力的なワケ 周囲を輝かせる“特長”にベルギー誌が注目

ヘンクで好調を維持しているMF伊東純也【写真:Getty Images】
ヘンクで好調を維持しているMF伊東純也【写真:Getty Images】

ズルテ・ワレヘム戦で2試合連続ゴールを挙げ、今季早くも7得点8アシストをマーク

 ヘンクの日本代表MF伊東純也は、ベルギー挑戦3年目の今季もここまでリーグ戦22試合で7ゴール8アシストと攻撃を牽引している。早くも昨季を上回る活躍を見せるなかで、現地誌は「ヘンクの日本人アタッカーは感動を絶やさない」と称賛している。

 伊東は現地時間1月24日、リーグ第21節クラブ・ブルージュ戦(2-3)で鮮やかなバックヒール弾をマーク。海外メディアから「崇高」「美しい」と称賛され、ベルギーメディアが主催する“週間ベストゴール”も受賞した。

 迎えた27日に行われたリーグ第22節ズルテ・ワレヘム戦(3-2)、伊東は前半アディショナルタイム、ペナルティーアーク後方でコロンビア代表DFダニエル・ムニョスからの横パスを受けると、マーカー2人を背負いながら右足バックヒールでペナルティーエリア内へスルーパス。これをムニョスが中央へ折り返し、フリーのナイジェリア代表FWポール・オヌアチュがスライディングシュートで先制ゴールを奪った。

 さらに、2-0で迎えた後半22分にはフィンランド代表DFイェレ・ウロネンのシュートが右ポストに当たってこぼれたところを、飛び込んできた伊東が冷静にシュートを決め、今季7ゴール目でチームの勝利に貢献した。

 ベルギー誌「Le Vif/L’Express」は「イトウの旅」と見出しを打って特集。「ヘンクの日本人アタッカーは感動を絶やさない」と、プレーの特長を分析・称賛している。

「イトウはスターティングポジションからの推進力が特長だ。他の選手よりも速く前に行く術を身につけている。相手守備陣を後ろ重心にさせ、ライン間のスペースを生み出す。周囲を輝かせることができる男だ。そして、あらゆるポゼッションをチャンスとして捉えている。イトウが優勝への扉を開く鍵になると誰も疑っていない」

 アンデルレヒトなどでプレーした元GKで、現在はテレビチャンネル「Eleven Sports」でコメンテーターを務めるフランク・ブークス氏からも「素晴らしい選手。ベルギーリーグの枠に収まりきらない」と高評価を受けた伊東。27歳と“旬”を迎えているアタッカーは、ベルギーの地でさらなる成長曲線を描こうとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング