「嫌いな人がいないフットボーラー5人」を英メディア特集 岡崎の“元同僚”2人も選出

レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディとレアル・マドリードMFルカ・モドリッチ【写真:AP】
レスター・シティFWジェイミー・ヴァーディとレアル・マドリードMFルカ・モドリッチ【写真:AP】

“アンチのいない選手”を選出、ヴァーディのシンデレラストーリーには誰もが感銘

 英スポーツ専門メディア「Sportskeeda」が「嫌いな人がいないフットボーラー5人」を選出した。世界中のファンから愛される“アンチのいない選手”に選ばれたのは一体どんな選手たちなのだろうか。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 1人目は元スペイン代表MFダビド・シルバ。「エル・マーゴ(魔法使い)」の愛称で親しまれるレフティーは昨季限りで10年間在籍したマンチェスター・シティと契約満了を迎え、惜しまれつつ退団した。今季から母国スペインのレアル・ソシエダに加入。35歳となった今もその創造性あふれるプレーでフットボールファンを魅了し続けている。

 2人目はこちらも元スペイン代表MFのフアン・マタだ。シルバと同じく左利きの小柄なMFで、クラブレベルではシルバほどのタイトルには恵まれていないが、マンチェスター・ユナイテッドで長く活躍を続けている選手の1人だ。プレーヤーとしての実力だけでなく、ライバル選手やチームスタッフ、アカデミーの選手にまで礼儀正しいその紳士的な人間性が愛される理由として挙げられている。

 3人目はレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディだ。セミプロクラブのフリートウッド・タウンからレスターでプレミアリーグ優勝まで辿り着いた苦労人で、「近年のフットボール界で最高のラグストゥリッチーズ・ストーリー(貧乏からお金持ちになった成功物語)の一つ」と称されている。

 幼少期から期待されたエリート選手とは全く異なるキャリアを歩んだ姿に多くのサッカーファンが感銘を受けた選手と言えるだろう。レスター優勝時に日本代表FW岡崎慎司(現ウエスカ)と名コンビを築いた34歳は、今季もプレミアリーグ得点王争いを演じるなどトップフォームを維持している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング