「レジェンドOBが批判」 南野拓実への「レギュラーにはなれない」発言に韓国紙反応

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

キャラガーはオリギと南野に対して「チャンスはあったが…」と厳しい評価

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間21日に行われたプレミアリーグ第18節バーンリー戦(0-1)で5試合ぶりのピッチに立つも、わずか6分間の出場に終わった。クラブOBの元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は、自身のコラムでベルギー代表FWディボック・オリギと南野を「レギュラーにはなれない」と厳しく評価したが、これに韓国メディアが反応している。

 直近のリーグ戦4試合で3分1敗、わずか1得点と調子を落としていたリバプールは、主力のエジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノをベンチスタートにし、3トップにオリギ、セネガル代表FWサディオ・マネ、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンを起用した。

 しかし、相手の守備を崩せず、後半11分にユルゲン・クロップ監督は1対1の決定機を逃したオリギとチェンバレンを下げ、サラーとフィルミーノを投入する。攻勢を強めながら、ゴールを奪えずにいたなか、リバプールは後半38分にPKで先制点を献上。直後の同39分に1カ月ぶりのリーグ戦出場となる南野をピッチへ送り込んだが、状況を変えられないまま、タイムアップを迎えた。

 リバプールで通算508試合に出場したOBのキャラガー氏は、英紙「デイリー・テレグラフ」のコラムで「ディボック・オリギとタクミ・ミナミノにチャンスはあったが、彼らは決してレギュラーにはなれない。我々は今、この影響を目の当たりにしている」と言及している。

 韓国紙「朝鮮日報」は「レジェンドOBのジェイミー・キャラガーの批判」と見出しを打ち、「南野は少ない時間で十分なパフォーマンスを見せられなかった。ジェイミー・キャラガーはリバプールの得点力不足に関して、2人の選手(オリギと南野)を厳しく評価した」と伝えている。

 現地のリバプールファンの間では、クロップ監督の采配に対して不満の声も上がっているが、南野は自らのプレーで存在価値を証明できるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング