C・ロナウドは本当に“史上最多得点者”になった? 英BBCも戸惑い「実際には…」

ユベントスFWのC・ロナウドが通算760得点を達成【写真:AP】
ユベントスFWのC・ロナウドが通算760得点を達成【写真:AP】

スーペルコッパ・イタリアーナ決勝でキャリア通算760得点を達成と報道も…

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間20日のスーペルコッパ・イタリアーナ(イタリア・スーパーカップ)決勝ナポリ戦(2-0)の後半19分に先制ゴールを決め、キャリア通算760得点を達成した。英公共放送「BBC」は「ユベントスFWは世界記録を破ったのか?」と疑問形の見出しで報じている。なぜ、このような曖昧な報じ方になったのだろうか。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ロナウドはキャリアをスタートさせたスポルティングCP(5得点)をはじめ、マンチェスター・ユナイテッド(118得点)、レアル・マドリード(450得点)、ユベントス(85得点)、そしてポルトガル代表(102得点)でゴールを重ね、その数字はついに「760」に到達した。

 これにより、ロナウドはスラビア・プラハなどで活躍したFWヨーセフ・ビカン氏の759得点を抜き、世界記録を更新したと伝えられている。スペイン紙「AS」電子版も「クリスティアーノ・ロナウドが760得点で史上最多スコアラーになった」とはっきりと報じている。

 一方で、ロナウドよりもゴールを決めている選手がいるという主張も根強く残っている。

「Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation(RSSSF)」では、史上最多得点者(トップレベルでプレー経験のない選手は除く)は依然としてビカン氏で、ゴール数は「805+」と記されている。同氏に関しては2部リーグ時代の一部データが不足しているため、この数字以上の得点を決めている可能性があるという。他にも元ブラジル代表FWペレ氏(772得点)と同FWロマーリオ氏(767得点)もロナウドを上回っているという記録が残っている。

 しかし、ビカン氏の805得点の中にはラピド・ウィーンのリザーブやアマチュアチームでの得点、公式戦以外での得点もカウントされており、それらを除いた得点数が「759得点」となるようだ。

 そして、それ以上に論争が起きているのがペレ氏とロマーリオ氏の得点数だ。ペレ氏は自身のインスタグラムでキャリア通算1283得点を主張し、史上最多得点者を自任している。ただし、これには非公式戦(ミリタリーチームでの1得点含む)での得点が多く含まれたもので、サントス、ニューヨーク・コスモス、ブラジル代表での得点に限るとゴール数は「757」となる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  5. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  6. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  10. 「思ったより悪質」「笑えない」 中島翔哉の“一発レッド”足裏タックルに海外注目 出場15秒の危険プレーに反響拡大

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」