「クレイジーな瞬間」 英4部で珍事、GKの“100m弾”に海外驚嘆「信じられない!」

イングランドで滅多に見られないGKからのゴールに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
イングランドで滅多に見られないGKからのゴールに注目(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

英4部ニューポート・カウンティのGKキング、ゴールキックから衝撃の一撃

 イングランドで滅多にお目にかかれないゴールキックからのゴールが生まれ、海外メディアで「信じられない!」と反響を呼んでいる。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 舞台となったのはイングランド4部相当のEFLリーグ2第23節のチェルトナム・タウン対ニューポート・カウンティの一戦。1-1の引き分けに終わった試合で話題となっているのが、前半12分に生まれたニューポートの先制ゴールだ。

 ゴールキックとなった場面で、ニューポートのGKトム・キングがボールをセット。フィールドプレーヤーのポジションを確認しながら助走に入り、右足を思いきり振り抜いた。ジャストミートしたボールが勢い良く蹴り出されると中継画面から消え、ハーフウェーライン付近になってもまだ見えない。そして敵陣ペナルティーエリア手前でようやく落下すると、勢いのついたボールは高く跳ね上がり、相手GKの頭上を飛び越えてネットに吸い込まれた。

 守護神によるゴールキックから生まれたこの一撃はSNS上で大きな反響を呼んでおり、各国メディアも反応。アルゼンチンのスポーツ専門局「TyCスポーツ」は、「イングランドの4部リーグ、フットボール2でとてつもないことが起こった」と綴り、「ボールがライバルのエリアまでほぼ100メートル移動した」と驚きをもって伝えている。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」監修の番組「Soccer AM」公式ツイッターも「信じられない!」と投稿すれば、セルビアメディア「BLIC SPORT」は「できますか?! ゴールキーパーは95メートルから得点した!」と見出しを打つと、「彼はこの“クレイジーな瞬間”を決して忘れない」と伝えている。

 風の影響を受けるなどして、これまでも似たような形からのゴールは生まれてきたが、イングランド4部GKによる一撃も世界各国を驚かせたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング