磐田、J1昇格へ強力補強! 横浜FMから元日本代表FW大津祐樹を獲得「ビジョンや本気度、覚悟、熱を感じた」

横浜F・マリノスMF大津祐樹がジュビロ磐田へ完全移籍【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスMF大津祐樹がジュビロ磐田へ完全移籍【写真:Getty Images】

磐田は横浜FMの大津を完全移籍で獲得

 J2ジュビロ磐田は15日、横浜F・マリノスの元日本代表FW大津祐樹を来季の新戦力として獲得したことを発表した。

 30歳の大津は2008年に柏レイソルでプロデビュー。11年7月にはブンデスリーガのボルシアMGに移籍し、12年8月からオランダのVVVフェンロへ。15年から古巣の柏に戻ると、18年から横浜FMに完全移籍し、19年にはチームのリーグ優勝に貢献したものの、20年シーズンは12試合無得点に終わっていた。2012年にはロンドン五輪代表として日本のベスト4入りを牽引し、日本代表としても2試合に出場している。

 一方の磐田は20年シーズン6位に終わり、昇格には届かず。昨季途中にガンバ大阪から期限付き移籍で加入した元日本代表MF遠藤保仁の移籍期間も延長されたなか、来季からは中山雅史氏を新コーチに招聘するなど、得点力アップに期待が懸かる。大津は横浜FMを通してコメントしている。

「『すべてはマリノスのために』これまで常に、この思いを胸にプレーしてきました。F・マリノスでプレーをする中で、日に日にクラブのことが好きになり、自分にとってこのクラブがかけがえのない存在になりました。 F・マリノスの社長、監督、強化部をはじめクラブから、大きな評価とリスペクトをとても感じる話をいただきました。そんな中、このオフシーズンにジュビロ磐田から正式な獲得オファーをいただき、 2021年シーズンにかけるジュビロ磐田のビジョンやクラブの本気度、覚悟、かなりの熱を感じました。このまま引退するまでF・マリノスでプレーをし続ける選択肢か、オファーを受けジュビロ磐田へ移籍する選択肢。決め切ることができずにとても悩み、なかなか答えを出すことができませんでした。ただ、1人のサッカー選手としてこれまでもそうしてきたように『常に挑戦をし続けたい』。この思いからジュビロ磐田に移籍する事を決断しました」

 葛藤しながらも、磐田への移籍を決断した大津。新天地での活躍にも期待が寄せられる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド