鮫島彩、“大親友”からの「鬼ノック」動画がなでしこ戦士に反響 「スパルタ」「楽しそう」

大宮アルディージャVENTUSへの移籍が発表されたDF鮫島彩【写真:小林 靖】
大宮アルディージャVENTUSへの移籍が発表されたDF鮫島彩【写真:小林 靖】

バドミントンの藤井氏とのトレーニング動画に永里優季や田中明日菜が反応

 なでしこジャパン(日本女子代表)DF鮫島彩は13日、2021年秋に開幕する日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」に参戦する大宮アルディージャVENTUS(大宮V)への移籍が発表された。その前日にはバドミントン・ロンドン五輪女子ダブルス銀メダリストで、19年2月に現役を引退した大親友の藤井瑞希氏から「鬼ノック」を受けたと公式インスタグラムで明かし、2011年の女子ワールドカップで世界一に輝いた優勝メンバーたちも反応している。

 鮫島は名門・常盤木学園高校から2006年に東京電力女子サッカー部マリーゼに加入。11年にアメリカのボストン・ブレイカーズに移籍し、同年9月からフランス1部モンペリエ、12年夏からベガルタ仙台レディースでプレーした。15年からINAC神戸に所属。なでしこジャパンでも長年にわたって活躍し、3大会連続でワールドカップに出場。女子サッカーのトップに君臨し、牽引し続けている。

 13日にINAC神戸から大宮Vへの移籍が発表されたなか、オフシーズンの調整は順調なようだ。鮫島は12日にインスタグラム、バドミントンの元日本代表で以前から“大親友”と話す藤井氏とバドミントンでフィジカルを鍛え上げる“地獄トレ”の様子を公開した。

「先日のトレーニング。鬼ノックをお願いしたら、本当に鬼だった件。 #藤井瑞希 #サッカーの人はす〜ぐ滑る #スライディングで #楽しようとするんだから〜 #って怒られる #バレてる(笑) #高強度フィジカルトレーニング #ありがとうございました」

 この投稿には、米NWSLに新規参集するレーシング・ルイビルに所属するFW永里優季が「楽しそうだね」と反応すれば、慶州韓国水力原子力FCのDF田中明日菜も「スパルタ さめたんお上手」とコメントしている。

 また、藤井氏も「テニスの構えが毎度笑う 爆笑」と指摘すると、鮫島は「中学時代のテニスの癖が抜けません。サッカーのスラディング癖も抜けません。伸び代です」と返していた。

 新天地・大宮Vでの鮫島の活躍にも注目を集めそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング