南野、出番少ない「問題の核心」とは? ハーランドとの“ハードワークの相違点”を英指摘

FAカップのアストン・ビラ戦にスタメン出場となったリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
FAカップのアストン・ビラ戦にスタメン出場となったリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

FAカップ3回戦のアストン・ビラ戦で先発出場して決勝弾をアシストも…

 リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間8日に行われたFAカップ3回戦アストン・ビラ戦(4-1)で先発出場し、決勝弾をアシストした。そんななか、英メディアは南野が戦力として見なされにくい「問題の核心」について触れている。

 プレミアリーグで暫定首位に立っているリバプールだが、直近3試合は勝ち星がなく急ブレーキとなっている。一方、アストン・ビラは新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で、主力選手の多くが離脱。試合延期も打診されていたなかで、日程面に余裕がないため、“強行開催”されることになった。南野はブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの代役として、3トップの一角で起用された。

 前半4分にセネガル代表FWサディオ・マネのヘディング弾で幸先良く先制点を奪うも、同41分に同点弾を許す。それでも後半15分、エジプト代表FWモハメド・サラーが右サイドからボールを送り、ペナルティーエリア内で受けた南野が、相手守備陣を引きつけるポストプレーからマイナスにラストパス。オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。

 南野は直後に交代したが、勢いに乗ったリバプールは後半18分にマネ、同20分にサラーがネットを揺らし、4-1の快勝となった。そんななか、英メディア「GIVE ME SPORT」は「タクミ・ミナミノはジェームズ・ピアース記者によって非難された」と見出しを打ち、日本人アタッカーに対するリバプール番記者の落胆を取り上げている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング