南野は「厄介な立場にある」 “扱いにくさ”に現地警鐘「途方に暮れる夏を迎えるかも」

リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールの日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

先発の南野は決勝弾をアシストも…「いつ本物の南野に出会えるのか本当にわからないまま」

 リバプールは現地時間8日、FAカップ3回戦でアストン・ビラと対戦し、4-1で勝利を収めた。日本代表MF南野拓実は3トップの一角で先発出場し、決勝点のアシストを記録したが、リバプール専門メディアは「アシストしたにもかかわらず、南野は厄介な立場にある」と見出しを打ち、状況の深刻さを訴えている。

 今季もプレミアリーグで首位に君臨しているリバプールだが、直近の3試合では2分1敗と勝ち星なく急ブレーキを強いられている。一方、アストン・ビラは新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で、主力選手の多くが離脱。試合延期も打診されていたが、日程面に余裕がないため開催されることになった。

 ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノを温存し、南野が3トップの一角に起用された一戦では、前半4分にセネガル代表FWサディオ・マネのヘディング弾で幸先良く先制点を奪うも、同41分に一瞬の隙を突かれて同点弾を許し、前半を折り返す。それでも後半15分に南野が勝ち越しゴールの起点となる。

 エジプト代表FWモハメド・サラーが右サイドからボールを送り、ペナルティーエリア内で受けた南野が、相手守備陣を引きつけるポストプレーからマイナスにラストパスを供給。構えていたオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがダイレクトでゴール右隅に流し込んで追加点を奪った。

 南野は直後に交代したが、勢いに乗ったリバプールは後半18分にマネ、同20分にサラーがネットを揺らし、4-1の快勝となった。一方、リバプール専門メディア「ROUSING THE KOP」は「アシストしたにもかかわらず、南野は厄介な立場にある」と見出しを打ち、「アストン・ビラ戦でアシストを記録したものの、全体的なパフォーマンスに関しては扱いにくい存在であることがわかった」と取り上げている。

「今週は南野にとって重要な一週間だった。出場機会に苦しんでいるが、好パフォーマンスがそれを一変させるかもしれなかった。しかし、それは起こらなかった。アシストは記録したものの、それが唯一のハイライトだった。大半の時間において、彼がピッチに立っていたことは忘れ去られていた」

 若手主体で臨んだアストン・ビラを相手に本領を発揮できなかったことを深刻に受け止めており、「いつ本物の南野に出会えるのか本当にわからないままだ。南野はここからどこへ向かうのか? 序列は大幅に下回っている。今後数カ月間、状況が変わらない限り、途方に暮れる夏を迎えるかもしれない」と現状を打破できなければ移籍の可能性も指摘していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング