FC東京が浦和MF青木拓矢を完全移籍で獲得 中盤強化へ即戦力を補強

浦和レッズMF青木拓矢がFC東京へ完全移籍【写真:高橋 学】
浦和レッズMF青木拓矢がFC東京へ完全移籍【写真:高橋 学】

J1通算289試合14ゴール、4-3-3のキーマンとして期待

 2020年シーズンのルヴァンカップを制してから一夜明けた5日、FC東京は浦和レッズからMF青木拓矢を完全移籍で獲得したことを発表した。

 青木は前橋育英高校から2008年に大宮アルディージャへ加入。14年には同じさいたま市を本拠地とする浦和レッズへ“禁断の移籍”で加入し、ルヴァンカップやAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、天皇杯の優勝に貢献していた。これまでJ1通算289試合14ゴールの成績を残している。

 青木はクラブを通じて「浦和レッズに関わる全てのみなさん、7年間ありがとうございました。良いときも悪いときも幸せな時間を過ごさせてもらえました。このクラブでタイトルを取れましたし、少しでも力になれたかなと思います。特に優勝したACL決勝のスタジアムの雰囲気は最高でした。次会うときは対戦相手としてですが楽しみにしています。本当にありがとうございました」とメッセージを発した。

 一方で、加入するFC東京を通じては「素晴らしいクラブに加入できることを嬉しく思います。タイトルを獲れるようにFC東京のために戦います。よろしくお願いします」としている。

 FC東京は今季、4-3-3の中盤センターでプレーしていたMF橋本拳人が夏にロストフ(ロシア)に移籍して以来、ACLやルヴァンカップ決勝の試合などは本来センターバックのDF森重真人を起用していた。そのポジションの本職と言える青木を獲得し、さらなるタイトル獲得へ向けた補強になった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング