ウォルバーハンプトンに2人目の“筋肉男”!? 19歳新星の肉体美に英驚愕「マジの怪物」

ウォルバーハンプトンでプレーするMFオーウェン・オタソウィー【写真:Getty Images】
ウォルバーハンプトンでプレーするMFオーウェン・オタソウィー【写真:Getty Images】

下部組織からトップチームに上がり、今季デビューしたオタソウィーに英注目

 プレミアリーグのウォルバーハンプトンには、強靭な体躯を誇るスペイン代表MFアダマ・トラオレが在籍しており、近年は“筋肉男”として人気を博している。そのなかで、チーム内にはもう1人、トラオレ級の肉体美を誇る19歳の新星がいるようだ。英メディアが注目している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 マリ出身の両親を持つバルセロナ生まれのトラオレは、8歳でバルサに入団し、2013年には17歳でトップチームデビュー。その2年後となる2015年にアストン・ビラへ移籍した。翌年にはミドルスブラへ渡り、現在はウォルバーハンプトンで所属3年目。昨年10月にはスペイン代表にもデビューを果たしている。

 一方で、注目を集めている若手が、ウォルバーハンプトンの下部組織からトップチームに昇格し、2020年12月14日に行われたプレミアリーグ第13節チェルシー戦(2-1)でプレミアデビューを果たしたアメリカ代表MFオーウェン・オタソウィーだ。19歳のボランチは今季、UEFAヨーロッパリーグを含めて公式戦4試合に出場している。

 英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」は、公式インスタグラムでオタソウィーが練習中に自慢の筋肉を誇示する写真をアップしているが、その腹筋はまるで彫刻のようにきれいに割れている。「オーウェン・オタソウィーはマジの怪物だ」とメッセージが添えられた投稿には、海外ファンからも驚きの声が上がっている。

「アダマ・トラオレと肩を並べるレベル」
「トラオレ弟」
「ボディービルダー級」
「間違いなく覚えておくべき名前」
「フォトショップ加工している?」

 オーウェン・オタソウィーの名前は、覚えておいても損はなさそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング