鳥栖移籍の“美声Jリーガー”、大分サポーターに別れの「炎」熱唱で反響 「素敵な歌声を…」

鳥栖移籍のMF島川俊郎が「炎」を熱唱【写真:高橋学】
鳥栖移籍のMF島川俊郎が「炎」を熱唱【写真:高橋学】

島川俊郎、LiSAの人気曲「炎」をピアノ演奏付きで熱唱

 J1大分トリニータのMF島川俊郎は、昨年12月30日にサガン鳥栖への完全移籍が決まった。自身8つ目のチームへ移ることになり、自身の公式インスタグラムで、大分のファン・サポーターに“別れの美声”を響かせている。

 柏レイソルユース出身の島川は、ベガルタ仙台でプロキャリアをスタート。東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田、レノファ山口、栃木SC、ヴァンフォーレ甲府と渡り歩き、2019年から大分に加入。移籍1年目はリーグ戦22試合に出場すると、昨季はレギュラーとして30試合でピッチに立った。

 新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断した際には、美声とピアノ演奏の動画をアップして話題を呼んだが、移籍による“別れ”の餞別も島川らしかった。

「#lisa #鬼滅の刃 #炎 #レコード大賞 #歌ってみた」

 大人気漫画「鬼滅の刃」の映画の主題歌になり、第62回日本レコード大賞にも輝いたLiSAの「炎」をピアノ演奏とともに美声で披露する動画をインスタグラムに投稿した。

「明けましておめでとうございます。サガン鳥栖に移籍することになりました。大分での全ての出会いに感謝しています。鳥栖で頑張ります!」

 ファンからは、「今年も素敵な歌声聞かせてください」「美声 駅スタでお待ちしています」「移籍してもシンガーは続けて下さい」とコメントが寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング