「采配に疑問」 南野拓実は“出番なし”…ファンの声に英メディア注目「間違っている!」

WBA戦では出番がなかったリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
WBA戦では出番がなかったリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプールはWBA戦で痛恨のドロー

 リバプールは現地時間27日、プレミアリーグ第15節ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦に臨み、1-1で引き分けた。日本代表MF南野拓実は出場機会なしに終わったなか、英メディアは采配に疑問を呈する現地ファンの声を紹介している。

 WBA戦のリバプールは、7-0と圧勝した前節クリスタル・パレス戦でベンチスタートだったエジプト代表FWモハメド・サラーが先発に復帰。南野はベンチスタートとなった。そのなかで序盤から優勢に試合を進め、前半12分にセネガル代表FWサディオ・マネが先制ゴールを決めた。

 しかし、その後はリバプールが攻めながらも追加点を奪えない展開となり、後半はWBAも選手交代を駆使して反撃。そして同37分、CKからWBAのDFセミ・アジャイがネットを揺らし、土壇場で同点に追い付いた。

 結局、試合は1-1のドローで終了。リバプールは終盤に得点を奪いに行くための交代を行ったが、クリスタル・パレス戦で先制ゴールとなるプレミア初得点を挙げていた南野に出番は訪れなかった。

 この結果を受け、英メディア「The Boot Room」は「『プレーさせるべきだった』:リバプールファンは南野を起用しないクロップ監督の采配に疑問」と見出しを打ち、WBA戦の起用法に言及。「リバプールファンはタクミ・ミナミノを起用しなかったユルゲン・クロップ監督の采配は間違っていたと確信している」として、ファンの声を次のように紹介している。

「前節にリバプールでのベストゲームを見せた南野がベンチに座り続けた。間違っている!」
「南野が結果を出して、今節はオリギを使う? 意味が分からない」
「南野が気の毒だ。パレス戦のパフォーマンスの後に、出番さえないなんて」
「ハーフタイムに南野が投入されなくて驚いたよ」

 チームとしても7得点の大勝から一転、ゴールを奪い切れずにドローという流れになったリバプール。南野の起用法を含め、現地時間30日に開催予定のニューカッスル戦では変化が生まれる可能性もありそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド