浦和レッズ、4選手の“放出”を発表 元日本代表DF鈴木大輔は千葉へ…3人が京都へ移籍

ユース育ちの荻原は「決断は簡単ではありませんでした」 福島は「本当に幸せな時間でした」

 荻原は浦和ユースからDF橋岡大樹と同期昇格した左利きのドリブルとキックに魅力のある選手だが、DF山中亮輔を獲得した浦和でポジション争いに苦しみ今夏にはアルビレックス新潟に期限付き移籍。そして、来季からは期限付き移籍先が変わる形になった。

 また、荻原は「正直今回の決断は簡単ではありませんでした。今すぐにでも浦和レッズのユニフォームに袖を通して埼スタのピッチで躍動したいです。しかし、『成長して帰って来る』と誓ったからには、更に進化する必要があると感じました。自分のストロングポイントを磨くチャンスだと思い、期限付き移籍を決断しました。しっかりと経験を積んで戻ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」と、浦和を通じてコメントした。

 一方で福島は「浦和レッズのファン・サポーターのみなさん、約6年間ありがとうございました。浦和レッズの一員として過ごした時間は僕にとって本当に幸せな時間でした。これからは1人のファンとして浦和レッズを応援しています。ステージは変わりますが、またみなさんにお会いできるときを楽しみにしています」と、惜別メッセージを発している。

 昨季には浦和を退団した元日本代表DF森脇良太が京都に加入し、他にも浦和に在籍経験のある元日本代表FW李忠成も京都に所属。京都は約1年前に浦和で強化責任者を務めた経験のある山道守彦氏が強化部長に就任しているだけに、関係の良さが垣間見える“放出劇”になった。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング