南野拓実は「ローテーションの解決策」 プレミア初ゴールの“好影響”を現地メディア展望

待望のプレミアリーグ初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】
待望のプレミアリーグ初ゴールを決めたリバプールMF南野拓実【写真:AP】

クリスタル・パレス戦で待望の初ゴール 「ついに指揮官からの信頼に応え、その価値を証明した」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間19日、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦に先発出場し、試合開始早々にプレミアリーグ初得点となる先制点を記録。7-0の圧勝に大きく貢献した。リバプール専門メディアはこの得点によって南野に生まれるであろう変化を展望し、「ローテーションの解決策を提示する」と期待を寄せている。

 前節の勝利でプレミアリーグ首位に浮上したリバプールは、中2日でのクリスタル・パレス戦に臨んだ。連戦の疲労を考慮されてベンチスタートとなったエースのエジプト代表FWモハメド・サラーに代わって南野が起用され、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネとともに3トップを形成した。

 そして前半3分、背後からの浮き球をペナルティーエリア右で収めたマネが、相手守備陣に囲まれながらもボールをキープし、ゴール前へ横パス。構えていた南野がキックフェイントで相手DFをかわすと、そのまま右足でゴール左隅へと流し込み、待望のプレミア初ゴールを記録した。これで勢いを得たリバプールは大量7得点の快勝で、首位を堅持している。

 プレミアリーグの舞台でついに結果を残した南野について、リバプール専門メディア「Rousing The Kop」は「緊張したり、自信を失ったりするのではなく、確固たる意志と自信を持ってプレーしていた」と評価。「(ゴールは)南野にとって非常に大きなものとなり、肩の荷が降りたことだろう」としたうえで、今後のチームへの好影響を次のように予測している。

「重要なのは、南野がついに指揮官からの信頼に応え、その価値を証明したことだろう。南野はクロップ監督にローテーションの解決策を提示する存在だ。チーム得点王(サラー)をベンチに置きながらも7-0で圧勝したクリスタル・パレス戦は意味のあるものだった」

「南野は今、よりリバプールの一員と感じられているはずだ。プレミアリーグ初ゴールが彼の今後に及ぼす影響は、驚くべきものとなるだろう」

 リバプールは新加入のポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタがゴールを量産していたものの、負傷離脱。チームをけん引する強力3トップが欠けた時の戦いが懸念されていたなかで、南野が殻を破ったことは良い流れを生むことになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング