「今度は僕が…」 梅崎司、肺がんと闘った天国の久光さんにゴールの誓い「約束をしました」

湘南ベルマーレのMF梅崎司【写真:小林 靖】
湘南ベルマーレのMF梅崎司【写真:小林 靖】

梅崎司が公式インスタグラムを更新し、久光さんを悼む

 湘南ベルマーレのMF梅崎司が公式インスタグラムを更新した。19日に湘南ベルマーレフットサルクラブに所属するFP久光重貴さんが肺がんのため、39歳で死去。梅崎は2ショットを公開し、久光さんを悼んだ。

 久光さんは帝京高卒業後、フットサルに転向。カスカヴェウ(現ペスカドーラ町田)で中心選手となり、2008年に湘南へ移籍した。その後、2009年にはミゲル・ロドリゴ監督の率いるフットサル日本代表に選出され、リビア遠征に参加。湘南でも主軸を担ったが、2011年に骨髄炎を発病する。医師には、自力での歩行ができない可能性もあると診断されたが、骨髄炎を完治させて、選手として再始動した。

 しかし、2013-14シーズン開幕前のメディカルチェックで、右上葉肺腺癌が見つかる。この時点でステージⅢBと、かなり病状は進行しており、医師からは余命宣告を希望するかと問われたものの、それを拒否して治療を続けながら、現役のフットサル選手としてアジア最高峰のFリーグのピッチに立ち続けた。

 久光さんは薬や治療で病状が抑えられなくなると、生きるための治療に入るため、入退院を繰り返した。そのたびに、一般人以下の体力、フィジカルコンディションに戻りながらも、驚異的な精神力でトレーニングを行い、再びアスリートの体に戻してピッチに立ち続けた。また、癌の啓発や小児癌を患った子供たちへの支援活動などを精力的に取り組んできた。闘病を続けて7シーズン目となった昨季も、2020年1月11日のヴォスクオーレ仙台戦(3-1)が最後の出場となった。今季は新型コロナウイルスの影響でシーズンの開幕が遅れ、コンディション調整のタイミングが合わず、ピッチに立つことは叶わなかった。

 これに梅崎も公式インスタグラムを更新。最後に会ったのは3週間前だったといい、エピソードを紹介して来季はゴールを約束した。

「久光さんが他界しました。去年からのお付き合いで本当に沢山の勇気を頂きました。亡くなる3週間前に無理言ってお会いできればと伝えたら喜んで会ってくれました。その時もかなり痩せ細って喋るのも辛そうでしたが、強い意志で僕に多くのことを伝えてくれました。常に『人のため、ファンサポーターのため』自分の命はその為にあると教えてくださいました。僕が今年苦しんでいる時も連絡をくれて励ましたくれました、サプリやマスクも届けてくれました。僕にサッカー選手として見せる意志をもう一度火をつけてくれた一人です。

 そして、その日に僕は大分戦でゴールを決めると約束をしました。今度は僕が久光さんに勇気を与えれたらと思い頑張りましたが結果はメンバー外。最終節もメンバー入り出来ませんでした。届けれませんでした。来季、必ず天国にいる久光さんにゴールを活躍を届けます。待っていて下さい」(原文ママ)

 梅崎にとって“勇気”そのものだったという久光さん。天国で見守る久光さんのため――来季の活躍を誓った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング