清武、「大好きな先輩」内田篤人氏との“笑顔2ショット”投稿 「相変わらずかっこよかった!」

C大阪のMF清武弘嗣【写真:小林 靖】
C大阪のMF清武弘嗣【写真:小林 靖】

19日の今季リーグ最終節・鹿島戦後、今年8月で引退した内田氏との2ショットを撮影

 セレッソ大阪は19日、今季リーグ最終戦で鹿島アントラーズと敵地で対戦し、1-1で引き分けた。キャプテンの元日本代表MF清武弘嗣は、インスタグラムで「大好きな先輩」と尊敬する内田篤人氏との2ショットを公開している。

 C大阪は0-0で迎えた後半38分、途中出場のFW柿谷曜一朗が放ったシュートのこぼれ球にDF松田陸が反応。ペナルティーエリア手前右から左足で合わせ、見事なコントロールショットで先制に成功した。

 しかし、後半45分に鹿島FWエヴェラウドに同点ゴールを被弾し、1-1のドローで試合は終了。C大阪は18勝6分10敗(勝ち点60)の4位で今シーズンを終えた。

 キャプテンとしてチームを牽引し、リーグ戦33試合で自己最多のシーズン8得点をマークした清武。試合後にインスタグラムで、敬愛する内田篤人氏との2ショットを公開した。

「試合後に大好きな先輩にも会えました 相変わらずかっこよかった! いろいろ話せてよかった」

 内田氏は今年8月に電撃引退を発表。その際に清武は、「俺はどれだけこの人に支えられたか。辛い時には、何も言わずに隣に座ってくれて。。。時には連絡もくれて、ずっとゲームもしてくれて。。。リハビリも一緒にして。。。怪我した時も、俺より長い怪我はないからやれ、って言ってくれて。ロシアW杯のメンバー発表の前肉離れをして諦めかけた僕に、俺も諦めてないから絶対諦めるなって、一緒に最後まで頑張ってくれて。。。話せばたくさんあるけど、、、本当に感謝の言葉しかないです。ありがとう篤人くん。本当にお疲れ様でした」と熱いメッセージを送っていた。

 シーズンの戦いも終わった直後とあって、清武も満面の笑顔で内田との2ショットに収まっている。ファンから「このツーショットずっと見ていられます」「めっちゃめっちゃいい写真」「優しさ溢れるお二人」と喜びの声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング