G大阪FWパトリック、カズと念願のユニフォーム交換 日本語で思い綴る「僕のアイドルに抱擁を」

横浜FCのFW三浦知良とガンバ大阪のFWパトリック【写真:Getty Images & 小林 靖】
横浜FCのFW三浦知良とガンバ大阪のFWパトリック【写真:Getty Images & 小林 靖】

パトリックが公式ツイッターでカズとの2ショットを公開 「ミンナの見本」

 ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが公式ツイッターを更新した。J1リーグ第33節横浜FC戦(2-0)で3試合連続ゴールを達成し、チームの2位確定に貢献。この一戦で自らの最年長出場記録を更新したカズこと元日本代表FW三浦知良とユニフォーム交換をしたといい、パトリックは日本語で「僕のアイドルに抱擁を!」と綴っている。

 パトリックは2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレ期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経て、ブラジルへ1度戻り、2014年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9点をマークし、宇佐美との名コンビで国内三冠へと導いた。

 16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、昨夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。

 長年Jリーグで活躍しているパトリックだが、「日本が大好き」と公言。16年1月には母国メディアに「日本国籍取得を検討している」と明かし、日本代表入りを目指し始めた。国籍取得には小学校2、3年生程度の日本語の読み書き能力が必要で、現在も語学習得のため努力を重ねている。今季はここまで32試合に出場し、チームトップの9得点。横浜FC戦では1点リードの後半36分に追加点を決め、天皇杯とAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得する2位確定に貢献した。

 この一戦でパトリックは自身の“アイドル”だというカズとユニフォーム交換したようだ。

「この夜は僕にとって特別な夜になりました。カズさんの優しさありがとうございます。あなたはサッカーにおいてミンナの見本です。僕はあなたをとてもリスペクトしています。この時を自分のメモリーに残しておきます。このユニフォームを大事に飾らせていただきます。僕のアイドルに抱擁を!」

 最近はヒーローインタビューでも流ちょうな日本語を披露するパトリックは、公式ツイッターでも日本語でカズへの思いを投稿。カズとの2ショットも公開している。ファンからは「最高じゃないですか」「カズさんも流石はキングだね!」「ココロはサムライ〜」「コレはスゲー良いツーショット」「羨ましいです」と絶賛のコメントが相次いだ。ブラジル人FWにとってもカズは偉大な存在だったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング