トッテナムのMFデレ・アリ、モウリーニョ監督の構想外でフランス王者PSGへ放出か

モウリーニョ監督の構想から外れたとされるトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ【写真:AP】
モウリーニョ監督の構想から外れたとされるトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ【写真:AP】

欧州選手権のメンバー入りを目指すアリも出場機会を求めて移籍を希望

 トッテナムは今季、リバプールと並んで暫定首位と好位置につけている。そのなかで、イングランド代表MFデレ・アリは、ジョゼ・モウリーニョ監督の構想から外れたようだ。英紙「テレグラフ」など複数のメディアが報じている。

 今季、デレ・アリはリーグ戦出場3試合(計72分間)にとどまり、すべての公式戦でも9試合しか出場していない。プレミアリーグで首位タイにつけるトッテナムは、すでにアリを2021年1月の移籍市場で放出する準備を進めているという。15年にトッテナムに加入したアリはまだ24歳で、夏の移籍市場ではフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)、スペインのレアル・マドリードへのレンタル移籍の可能性が報じられていた。

 高いポテンシャルを持ちながらも、その潜在能力を発揮できないアリだが、英紙「テレグラフ」は、「ジョゼ・モウリーニョ監督の戦力からは完全に外れており、5年間を過ごしたトッテナムからはクラブを離れる許可が降りる」と伝えている。

 また、英紙「デイリー・メール」では、「1月にPSGへの移籍が全員にとって満足のいくものとなる。アリはトップレベルで自身がEURO(欧州選手権)の代表入りにふさわしいことを示すことができ、PSGはダニエル・レヴィ会長の求める1億ユーロ(約126億円)の移籍金を支払える数少ないクラブだ」と言及。PSGの4-3-3にフィットするアリが、中盤の選手でありながら相手ゴール前で決定的な仕事ができる能力が生きることも指摘した。

 英紙「ザ・サン」によれば、PSGに加えて、マンチェスター・ユナイテッドも獲得に動く可能性があるという。

 才能を持て余している感のあるアリだが、2021年にはブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペらとプレーする姿を目にすることになるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド