「いやらしい股抜きで混乱させた」 フィルミーノ、状況打開の“華麗スキル”に英注目

華麗なスキルを披露したリバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ【写真:AP】
華麗なスキルを披露したリバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ【写真:AP】

リバプールはウルブスに4-0で勝利 フィルミーノが披露した股抜き突破に脚光

 リバプールは現地時間6日、プレミアリーグ第11節でウォルバーハンプトンと対戦し、4-0の圧勝を収めた。そんななか、英メディアはブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが背後でマークする相手選手の股を抜いた華麗なスキルに注目している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 2000人と少人数ながら、今季初めてアンフィールドに観客の入った一戦は前半24分、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの浮き球のパスに対し、エジプト代表FWモハメド・サラーが左足を振り抜いて先制。後半13分、再びヘンダーソンが浮き球のスルーパスを出すと、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがドリブルからミドル弾を突き刺してリードを2点に広げた。

 後半22分にはヘンダーソンのショートCKからサラーがクロスを入れ、元カメルーン代表DFジョエル・マティプのヘディングで3点差。同33分には右サイドからのグラウンダーのクロスをセネガル代表FWサディオ・マネが押し込み、記録上はオウンゴールとなったものの、得点は認められて4-0の圧勝を収めた。

 そんななか、英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「フィルミーノは見事なスキルでウルブスのエースを混乱させた」と見出しを打ち、「見事に素早い足技を披露し、いやらしい股抜きで混乱させた」と、フィルミーノが背後にマークを背負いながら、正面の相手MFジョアン・モウチーニョの股を抜いて突破するワンシーンに注目していた。

 記事では、「フィルミーノは今季、快適な時期を過ごしているわけではなく、17試合で2得点のみとゴール前で苦戦を強いられている。とはいえ、インテリジェンス、稼働率、そしてこのようなスキルを備えたクオリティーある選手であることに疑いの余地はない」と指摘。ゴールという結果を出すことには苦しんでいるフィルミーノだが、リバプールにとって不可欠な存在であることを強調していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング