チェルシーFWは「最も完璧なストライカー」 元仏代表DFが称賛も「唯一の問題」とは?

リーズ・ユナイテッド戦でゴールを決めたチェルシーFWオリヴィエ・ジルー【写真:AP】
リーズ・ユナイテッド戦でゴールを決めたチェルシーFWオリヴィエ・ジルー【写真:AP】

エブラ氏がジルーに言及 「彼の名前がジルジーニョならもっと好かれていた」

 チェルシーは現地時間5日に行われたプレミアリーグ第11節のリーズ・ユナイテッド戦に3-1で勝利した。この試合で同点弾を挙げたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーについて、元フランス代表DFパトリス・エブラ氏がチェルシーで最高の選手と称賛している。英メディア「フットボール・ロンドン」が報じた。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ジルーは2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦で先発出場し、4ゴールを決める活躍を見せてチームのグループステージ1位通過に大きく貢献した。公式戦2試合連続で先発出場となったジルーは、前半4分に先制されたリーズとの試合でも、同27分に右サイドからのクロスに合わせてゴールネットを揺らした。その後チェルシーは後半に2得点を加えて、3-1で逆転勝利している。

 ジルーは先日、より多くの出場機会を求めて退団を示唆する発言をした。実際にチェルシーを率いるフランク・ランパード監督は、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーやイングランド代表FWタミー・アブラハムらに、より多くの出場機会を与えている。だがエブラ氏は、英衛星放送「スカイ・スポーツ」でジルーを「最高のストライカー」と評し、プレー時間を増やすべきだと主張した。

「私が考えるジルーの唯一の問題は、彼の名前だ。もし、彼の名前がジルジーニョであったなら、彼はもっと好かれていただろう。だが私からすると、彼はチェルシーの中で最も完璧なストライカーだ。そしてなぜかは分からないが、フランス代表でも同じようなことが起きている。セビージャ相手に4ゴール、彼は点取り屋だ。アーセナルの時からね」

 かつてフランス代表でジルーとも一緒にプレーしていたエブラ氏。ランパード監督も公式戦2試合連続でジルーを先発起用したが、その期待に応えたことで今後序列は変化するのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド