久保は「バツ印が刻まれた」 ライバルとの“明暗”を現地指摘「日本人は再び大きな失望に」

スィヴァススポル戦にスタメン出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】
スィヴァススポル戦にスタメン出場となったMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアルはスィヴァススポルに1-0で勝利 久保は先発出場も見せ場なく途中交代

 ビジャレアルは現地時間3日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節でスィヴァススポル(トルコ)と対戦し、敵地で1-0と勝利を収めた。日本代表MF久保建英は右サイドで先発したが、スペイン大手紙は「日本人は再び大きな失望になった」と辛辣な言葉を送っている。

 ELで5戦連続の先発出場となった久保は、ホームで行われた第1節スィヴァススポル戦で1ゴール2アシストをマーク。今節は4-1-4-1システムの右サイドに入り、ポジションの被るナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼは今回、左サイドへとコンバートされた。

 しかし、久保は見せ場を作ることなくシュート本数も0のまま後半13分に途中交代となった。ビジャレアルはチュクウェゼを本来の右サイドへと戻してからパフォーマンスが活性化し、後半30分に決勝ゴールを奪取。この日の勝利により、ビジャレアルは最終節を残してグループステージ首位突破を決めた。

 スペイン紙「マルカ」は「チームの顔となったチュクウェゼと、バツ印が刻まれた久保」と見出しを打ち、「スポットライトは前途有望な2人に向いていたが、ナイジェリア人は攻守においてポジティブだった一方、日本人は再び大きな失望になった」と、右サイドを主戦場とする両者の明暗が分かれたと指摘している。

 記事では、「蓋を開ければ、チュクウェゼはゴールを決めることで指揮官の期待に応えてみせたが、久保は正反対だった。再びアピールできないままチャンスを逃すことになった」と、右サイドでの序列にさらなる差が生じる可能性を指摘している。チームは好調を維持している一方、久保にとっては難しい時期となっているようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド