【DAZN欧州組応援部】11月度ベストプレーヤーズ決定 TOP3の活躍を振り返る

ヘンクで活躍するMF伊東純也【写真:Getty Images】
ヘンクで活躍するMF伊東純也【写真:Getty Images】

2020年11月の欧州組の活躍を評価 上位3選手を「DAZN欧州組応援部」として表彰

 DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」の企画として、11月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により、決定した。

 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰する。

   ◇   ◇   ◇

■第1位:伊東純也(ヘンク)/3試合出場1得点

 期間内の全試合に出場し、チームも全勝。第12節ムスクロン戦では1ゴール2アシストの活躍を見せ、鋭い切り返しからのゴールは好調さを示す見事なものだった。監督交代を経ても全く揺るがない地位を築いており、今後も安定したパフォーマンスが見込めるだろう。

今後の注目試合:第16節アンデルレヒト戦/12月11日

■第2位:冨安健洋(ボローニャ)/3試合出場

 すっかりセンターバックとして定着しており、今回の期間でも全試合にフル出場。チーム成績は白星と黒星が交互する安定しないものとなっているが、冨安自身のプレーは試合を重ねるごとに質が高まっている。

今後の注目試合:第10節インテル戦/12月5日

■第3位:吉田麻也(サンプドリア)/3試合出場

 期間内は1分2敗とチームとしては苦境にあるものの、センターバックとして粘り強い戦いを見せている。ベテランらしくミスの少ないプレーを続けており、クラウディオ・ラニエリ監督の要求にしっかり応えていると言えるだろう。

今後の注目試合:第10節ACミラン戦/12月6日

※日付はすべて現地時間

■Football ZONE web的・月間「日本人選手のベストパートナー」
ポール・オヌアチュ(ヘンク)
理由:好調ヘンクの攻撃陣を伊東純也とともに牽引するナイジェリア代表ストライカー。FWテオ・ボンゴンダも含め、強力なアタッカー陣の良好な連係はリーグでも屈指の破壊力を見せている。

   ◇   ◇   ◇

■11月度対象期間:
10月28日(水)~11月24日(火)

■対象となるリーグ(DAZN配信):
プレミアリーグ、ラリーガ、セリエA、リーグアン、ベルギーリーグ

■参加メディア(10メディア)※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/超WORLDサッカー/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド